Tag

どんぐり 1/1

どんぐりとシギゾウムシ 小学生の時の謎

小学生の時不思議な出来事があったのを覚えています。学校から帰ってきて自分の部屋に行くと、机の上に小さなカブトムシの幼虫のようなものが2匹いたのです。カブトムシの幼虫よりもはるかに小さく、直径で6~7ミリぐらいです。何の虫の幼虫だろうかということより、どこからきたのだろうかと不思議に思いました。机の足を登ってこれるわけがないし、上から落ちてきたのだろうかと天井を見上げた記憶があります。その謎は解決さ...

  •  6
  •  -

ウラジロカシ シラカシ 見分け

シラカシによく似た樹でウラジロガシという常緑樹があります。昔から体の中の石を出す薬として民間療法で用いられてきました。胆石、腎石、尿路結石症などの治療に枝や葉を乾燥したものをお茶にして飲むと効果が見られたようです。薬理試験でも胆石症、腎石症、尿路結石症に用いて結石の形成が抑制され、また結石の溶解作用もあることが確認されています。このウラジロガシは、照葉樹林を構成する樹なので西日本に多く、東日本では...

  •  1
  •  -

アカガシ

ブナ科の樹木には常緑樹と落葉樹があります。カシとシイは常緑樹で、ブナとナラは落葉樹です。常緑樹は暖かい地域に多く、寒い地域に行くと落葉樹が多くなります。山梨にはカシの仲間が自生していますが、ほとんどはシラカシとアラカシになります。アカガシというカシもあるのですがめったに目にすることはありません。公園など人が植える場合でもシラカシとアラカシになります。アカガシというのはカシの仲間で、木材にした時に材...

  •  1
  •  -

スダジイ

ブナ科の樹の名前をあげてみます。ドングリのなる樹です。たくさんあるので仲間ごとにしてみます。ナラの仲間・・・コナラ、クヌギ、ミズナラ、カシワなど。カシの仲間・・・シラカシ、アラカシ、ウバメガシなど。ブナの仲間・・・ブナ、イヌブナ。さてまだあるでしょうか?シイの仲間がいます。シイの仲間・・・マテバシイ、スダジイなど。この中で、ブナの仲間とシイの仲間のドングリはそのままでも食べられます。えぐみがないの...

  •  0
  •  -

アベマキとクヌギ

ブナ科のアベマキは西日本に多い樹です。山梨県ではアベマキをめったに見かけません。ほとんどがクヌギになります。樹木医研修の際に樹種判定でアベマキが出たのですが、不覚にも間違えてしまいました。事前の講習で初めて見たのです。アベマキは特徴のある樹で、日本の樹の中で最も厚いコルク層を作ります。このような特徴的な樹はもっと身近に感じたいです。家の近くのクヌギの樹のドングリが、普通のクヌギのドングリと違って少...

  •  0
  •  -

山栗 ミズナラ キノコ

久しぶりにお気に入りの山を歩いてみました。いつもはもう少し遅い季節になってしまうのですが、今年は意識して早めに時間をとりました。落葉していないので樹種の判別がしやすいです。山栗やミズナラが落ちていたので少し拾ってみます。育てられている栗と違ってとても小さいです。落ちて時間がたっているものにはほとんど虫が入っています。まだイガが青く割れていないものなら大丈夫そうです。ミズナラです。殻斗(かくと)がつ...

  •  0
  •  -

イヌブナ 発芽

イヌブナが今年も発芽しました。4月17日播種 → 5月10日発芽です。充実したブナの種子の発芽率は高く90%以上が発芽します。とりまきほど良く、採集後、出来るだけ早く土に播きます。これを考えると、発芽はそれほど難しいことではないように思います。しかし問題点が一つあります。それは、ブナやイヌブナは数年に一度しか充実した種子を実らせないということです。しかも乾燥させてしまうと全く発芽しなくなります。で...

  •  0
  •  -

カシワ

今日から2019年です。平成もあと4ヶ月ほどで終わりとなります。昨年から身近な植物のことを書いています。始めた当初は毎日更新することが目標でした。6月にパソコンが壊れて、更新が出来ない日がありました。一度更新できないと気持ちが折れてしまって、それ以降は更新しないことが多くなってしまいました。ブログを始めた頃に樹木医研修受講者選抜試験を受けようと思い、そのための勉強も忙しくなりました。無事に合格した...

  •  0
  •  -