Tag

カエデの仲間 1/1

アサノハカエデ

本格的な冬の寒さになってきました。落葉樹のほとんどが葉を落としてしまうので、これからは落葉樹についてはあまり紹介できなくなります。味わいのある落ち葉がありました。なんの樹の落ち葉だか分かりますか?どうやらアサノハカエデのようです。葉のシワが深く目立ちます。これが麻の葉に似ているのでアサノハカエデと言うようです。たぶんコミネカエデなどと近い仲間だと思います。種子のつき方も良く似ています。10月10日だと...

  •  0
  •  -

ミツデカエデ

少し前の写真になりますが、ミツデカエデです。種は連続してたくさんつきます。名前の通り、三つ出、つまり葉が3枚出ます。良く似たカエデで 「トネリコバノカエデ」というものもあります。ネグンドカエデです。葉がトネリコに似ているからです。奇数複葉の葉です。こちらは北米原産のカエデで、日本には園芸種として植えられています。葉に斑が入っていたり、色が変わったりしているので観賞用になります。...

  •  0
  •  -

カエデの仲間の交配、交雑について

No image

少し前にイロハモミジとコミネカエデのどちらの種類かで迷う固体に出会いました。その際に両者の交雑種である可能性について書きました。しかし実際に両者が交雑する可能性はあるのでしょうか。調べてみたことを記録しておきます。まず結論から言ってしまうとはっきりと書かれた論文などは見つけられなかったということです。別種の交配が可能であることを匂わせる説明があるホームページもありますが信憑性がイマイチです。例えば...

  •  0
  •  -

ヒトツバカエデ

ヒトツバカエデも種子がついていなければカエデの仲間とは分からない樹です。今の季節は黄色に黄葉するので見つけやすいかもしれません。種子がなっているところはあまり見たことがありません。別名をマルバカエデともいい、葉がやや丸に近いハート型も特徴のひとつです。...

  •  0
  •  -

ウリハダカエデ

ウリハダカエデがの葉がきれいです。ウリハダカエデは樹皮に特徴がありキュウリのような色があることからこの名前がついています。以前にも一度紹介したことがありましたが、このカエデからメープルシロップを作ることが出来ます。本場カナダでは、サトウカエデを用いますが、樹液の糖度が3%前後あるそうです。ウリハダカエデは糖度 1.5~2.0%です。ショ糖 1.5~2.0g/100ml になります。春先のまだ雪が残って...

  •  0
  •  -

ヒナウチワカエデ

ヒナウチワカエデはイロハモミジとコハウチワカエデが合わさったようなカエデです。紅葉は少しづつ色が抜けていくような感じです。この時期には見つけやすいかもしれません。...

  •  0
  •  -

ハウチワカエデ

1年ぶりに櫛形山に登りました。櫛形山山頂は林の中なので、眺望はないのですが、道中にカラマツやコメツガ、ダケカンバの原生林の中を歩くことができます。カエデの種類が豊富なのでこの時期は、紅葉がとてもきれいです。今日一番きれいだったハウチワカエデを紹介します。イロハモミジなどと比べると葉が大きいのが特徴です。紅葉は抜群にきれいです。イロハモミジは赤く紅葉しますが、ハウチワカエデはオレンジになり赤くなりま...

  •  0
  •  -

カラコギカエデ チドリノキ

モミジとカエデはどこが違うか?という質問を時々目にします。カエデはカエデ科の植物でモミジは紅葉した葉っぱのこと全部が当てはまるという説明がありました。別のものは、カエデはハウチハカエデを、モミジはオオモミジをとりあげて両者の違いや見分け方を説明しているものもあるようです。どちらも間違いではないと思いますが・・・。では、名前にモミジやカエデと付かないカエデ科の樹木はどうなるんでしょう?例えば、チドリ...

  •  0
  •  -