Tag

ヤマモモ 1/1

ブナ ヤマモモ 子葉後の本葉

少し前に発芽したブナとヤマモモに本葉が展開してきました。わたしはこの最初に出てくる本葉がとても好きです。樹木の発芽の際には、種子の大きさに比例した子葉が出てくるか、あるいは子葉は土の中においてきていきなり本葉が出てくるかです。子葉(双葉)はだいたいどの樹種も似ています。そして大抵は種子の中に双葉が入っていて、それは根を伸ばしたり、本葉を展開するためのエネルギーの貯蔵庫になっています。ですから、双葉...

  •  0
  •  -

ヤマモモ 発芽

ヤマモモも発芽してきました。土の中で固い種子を割ってから出てくるので時間がかかるのでしょう。1月28日に根が伸び始めたのを播いたので18日経過しています。気温がもっと高い時であれば、成長もその分早いです。だからといって気温を高くすれば発芽するかというとそうではないので樹木の種子の発芽は難しいです。同じ日に播いたブナはほとんど発芽しました。種子の殻をかぶって発芽するものもあります。...

  •  0
  •  -

ヤマモモ

ヤマモモの発根についても書いておきます。ヤマモモは1年目の春に発芽する樹種です。同じ「モモ」という名前が付いていてもハナモモなどは1年目の春は発芽せず翌年の春に発芽します。1年目の春に発芽しないと、多くの人はあきらめてしまって発芽しなかったと思うようですが、ハナモモなどは、2年目の春に100%近くが発芽してきます。ハナモモはバラ科、ヤマモモはヤマモモ科です。よく見ると中の双葉が見えます。ヤマモモは雌雄...

  •  0
  •  -

富士ブナ 発根

ブナの発根が始まってきました。富士山周辺に自生している富士ブナです。どの樹木もそうですが、種子はまず根、それから芽が伸びます。大きな種子になればなるほど先に根を伸ばしておいてから時間を置いて芽をが出てきます。ブナ科のどんぐりのような種子だとかなり寒いうちに発根してそれから暖かくなるころに芽が出てきます。少しずつ伸びる根の様子です。ブナ科の樹は出来るだけとりまきにするのが望ましいです。保存中に発根し...

  •  0
  •  -

ヤマモモ 

ヤマモモの種子の発根が始まりました。ヤマモモの種子には特徴がありモフモフの毛が生えています。この毛があるので、適度な水分を保ちやすく、発芽率の向上にも貢献しているのだと思います。発根が始まった種子はもう休眠からさめているので、土に播いておけば数週間で発芽します。もちろん今の時期だと室内の暖かく陽のあたる場所におく必要があります。発芽したら様子を報告します。...

  •  0
  •  -