Category

樹木 1/18

ハゼノキの発芽 アサガオ、ゴマの発芽と比較して

少し前にハゼノキが発芽しました。ほぼ一斉に発芽して来ました。ラベルを確認すると4月29日に播種したことが分かります。この写真を撮影した日付は6月9日です。50日後の発芽になります。こんなに時間が経過しているのに一斉に発芽してくるのが不思議です。どんなセンサーが種に仕組まれているのでしょうか。ちなみに、アサガオは昨日種を播き、今日発芽していました。こちらも驚きです。畑に播いたゴマも2日ほどで発芽して...

  •  0
  •  -

ノリウツギ クワ クサギ コクサギ 発芽

ノリウツギ クワ クサギ コクサギ 発芽しています。ノリウツギノリウツギの種子は非常に小さくほとんど粉のように見えます。発芽率は良いのですが、この中から自然に間引かれて一つのポットの中で5~6本が大きくなります。クワクサギコクサギクサギとコクサギは今年初めて播いてみましたが、発芽率は良いようです。クサギのほうがコクサギよりも数日早く発芽しました。...

  •  0
  •  -

ヤブツバキ お茶 アベマキ 発芽

数日に前にヤブツバキとチャノキが発芽していました。ヤブツバキチャノキヤブツバキとチャノキは同じツバキ科なので発芽も良く似ています。それでもチャノキは特徴があり、丸い小さな葉のようなものが出てきてかわいい感じがします。アベマキ私の家の周りでは圧倒的にクヌギが多く、アベマキは今年初めて播いてみました。クヌギと区別がつきません。ただ、もう少しすると葉の裏がロウ物質で覆われるので見分けがつきます。この点に...

  •  0
  •  -

オノオレカンバ シラカンバ 発芽

オノオレカンバ、シラカンバも発芽してきています。上がオノオレカンバの実生です。下はシラカンバ。もう一度ヤエガワカンバも載せておきます。双葉の段階では、どれがだれだか分かりません。種子の大きさは、オノオレカンバ < シラカンバ < ヤエガワカンバ になります。双葉の大きさも同じようになっています。この三種類については、今後 本葉が展開してきたときにどのような違いがあるか追跡調査してみたいと思います。...

  •  1
  •  -

ヤエガワカンバ 発芽

日本の樹木の中で絶滅危惧種に指定されているものが幾つかあります。ヤエガワカンバばその中の一つです。樹皮が細かくめくれあがっていて独特です。ヤエガワは八重皮という意味だと思います。別名「コオノオレカンバ」とも言います。日本一堅い樹のオノオレカンバの弟分と言った感じです。先日種子から発芽が確認できました。初めてではないのですが、前回は近くにシラカバやオノオレカンバの種子も播いてしまったので、本当にヤエ...

  •  0
  •  -

イヌブナ 発芽

イヌブナの発芽が確認できました。イヌブナはブナと同じで五年に一度ぐらいの豊作になります。それ以外の年はほとんど種子が採集できません。それで沢山取れた時のものを工夫して保存しておきます。保存しておくと発芽率が低下します。普通ドングリの仲間は一年以上の保存は難しいと言われています。写真のイヌブナは2016年に採集したものです。4年間保存したものですが今年も発芽してくれました。今年が5年目なので豊作になれば、...

  •  0
  •  -

ミツバアケビ

コロナ対策で登山も自粛されている方が多いようです。本来なら新緑の一番良い季節なのですが残念ですね。渓流沿いの光がきれいです。これはミツバアケビの葉っぱですね。花は黒紫色です。アケビの実は食べられますが、種が沢山入っています。花を見る限り、雌しべが沢山あるようには見えないのですが、何処かに隠れているのでしょうか?この写真からすれば種は6個くらいかと想像しますが、実際には100以上です。続けて観察した...

  •  1
  •  -

柔らかい葉

樹木の新芽が展開して柔らかな葉の形が出来てきています。庭にある樹を幾つか紹介します。ブナ・・・こちらは東北地方のブナの種子から育てたものなので葉が大きめ。カラコギカエデユリノキヤマコウバシ・・・葉が出るのはもう少し先。去年の葉がまだ残っています。この時期だけ、どの葉も柔らかそうです。...

  •  4
  •  -

根が伸びすぎたヤブツバキの移植

ポットに種まきをします。それを移動しやすいように育苗トレーに入れます。最初は管理しやすくて良いのですが、すぐに根が伸びてポットとトレーを突き抜けて下の地面にまで達してしまいます。植木鉢で育てていた樹木が同じような状態になることもよくあります。ヤブツバキがそうなっていたので山の畑に移植しました。2~3年経っているので根が突き抜けていることは確実です。やはりすごいです。今庭の植物がほとんどこのような状...

  •  0
  •  -

ヒメリンゴ 開花

ヒメリンゴの樹に花が咲いていました。ヒメリンゴが庭にある人であればそれほど珍しいことではないと思います。しかし、このヒメリンゴは実生から育てたもので、今年初めて花を咲かせたのです。正確には覚えていませんが、10年くらいかかっています。最初は9センチのポリポットで育てていたのですが、根っこがどんどん伸びてポットの下の土に根を張ってしまっていたのです。それを5年くらい前に広い地面に植え替えてやりました。最...

  •  1
  •  -

桃も花桃も満開

山梨では桃が満開になっています。ソメイヨシノよりも濃いピンクできれいです。桃の花が咲くと農家は桃の花を取ってしまいます。これは摘花と言って実の数をあらかじめ少なくするためです。さらに摘んだ花の花粉を集めこれで受粉作業をするためです。こちらの畑は摘花作業が終わっているようで桃の花が少なくなっています。花桃も満開です。花を楽しむ桃とあって見事です。赤い花、白い花。そして赤と白が混ざったもの。きれいです...

  •  1
  •  -

ニワウメ開花 アベマキなど発芽

ニワウメが咲きました。まだ2分咲きぐらいです。蕾がたくさんついているので、これからが楽しみです。ドングリ類の早いものが発芽しています。オーク(外国産のナラです)アベマキコルクガシエノキイタヤカエデ今晩は雪になる可能性があります。雪と霜は全然違って、雪の方が植物にとっては安全です。雪が積もることで保温と湿度が保たれます。やはり怖いのは、遅霜です。...

  •  0
  •  -

ソテツ 種まき

ソテツの種を播きました。播きつけ前に数日オレンジの種子ごと水に漬けておきます。これは周りの果実?の部分を柔らかくするためです。柔らかくなったオレンジの部分をはさみ等でかじり取ります。厚くはなくすぐにクリーム色の種子が現れます。これをドングリなどを播くのと同じ方法で土に埋めます。尖がった方から根が出ると思いますので、そちらを下にします。沖縄など南国で自生する種なので、たぶん発芽は暖かくなってからだと...

  •  0
  •  -

エドヒガンザクラ 7分咲き

山の畑にあるエドヒガンザクラが7分咲き位になっていました。エドヒガンという名前だけあってちゃんとお彼岸の頃に咲きます。ソメイヨシノよりも1週間ぐらい早いです。学校の校庭にはソメイヨシノだけでなくエドヒガンも植えれば、季節が早くなってたり遅くなったりしても、卒業式や入学式に桜の花が咲いている状況を作りやすいのになあと感じます。日本人はとにかくソメイヨシノが好きですね。エドヒガンザクラはたぶん実生で増...

  •  3
  •  -

トサミズキとヒュウガミズキ

トサミズキの花も満開になっています。”ミズキ”と付くのでミズキ科と思うかもしれませんが、実はマンサク科です。樹も中低木ですし、花の感じからもマンサク科と言われるとしっくりきます。似た花にヒュウガミズキがあります。一見するとほぼ同じに見えます。ヒュウガミズキのほうが樹も小さめです。花の数も少なく、序花数は2~3個ぐらいです。トサミズキは6~8個ぐらいのものが多いと思います。ヒュウガミズキのほうが控えめ...

  •  0
  •  -

ニワウメ

ニワウメはかわいい樹です。大きくならないところが良いです。花も実も楽しめます。家のニワウメは月桂樹などの陰に入ってしまってこのごろ少し元気がありません。先日まで花芽がほとんど膨らんでおらず、とうとう枯れてしまったかと心配していました。しかし、今日見てみると赤く色づき花芽が膨らんできています。サクラなどと比べると小さな花芽です。枝も細く繊細な印象です。今年あたりもう少し日当たりの良い場所に移植してあ...

  •  0
  •  -

山の花も咲き始めました

近くの林道を歩いてみました。ほんの少しの時間ですが、春の花を沢山見つけることが出来ました。まずはアブラチャンから。クスノキ科で香りのある樹です。渓流沿いを歩けば黄色く咲いているのですぐに気がつきます。少し離れた場所に同じように黄色い花を沢山付けた樹があります。アブラチャンのように見えますが、たぶんダンコウバイではないかと思います。近づけなかったのなんともいえませんが、ダンコウバイのほうが花のかたま...

  •  1
  •  -

シキミ 有毒植物 八角に似ています

庭のシキミの花が咲いていました。下半分に花びらがあるように見えますが、霜にでもあたったせいでしょうか?普通は上側にも花びらがあります。参考に何年か前に撮影した写真も載せておきます。シキミの花は仏式の葬儀などで使われる仏花です。それでお寺などでよく見かけます。有毒植物で注意が必要です。上の写真は種子と種子が入っている実ですが、これが中華料理で用いる八角とよく似ています。下の写真が、SB食品で販売してい...

  •  3
  •  -

柿は北海道でも育つか

北海道在住の方から電話がありました。甘柿を北海道でも育ててみたいと挑戦しているが、なかなかうまくいかないというものでした。台木に接木された柿の木があるそうなのですが、接木部分は寒さで枯れてしまっていて台木の部分からひこばえが生えてきているそうです。これに甘柿を接木してみるのですがほとんどがつかないといっていました。この話を聞いて、北海道に柿の木が育たないことを始めて知りました。そういわれてみると柿...

  •  2
  •  -

ツバキ科の種まき

ヤブツバキ、サザンカ、チャノキの種を播きました。ヤブツバキは水分を含み根が出始めています。チャノキも水分を含んで中の子葉は膨らんで、外殻を割っているのですが根はまだ出ていません。でもまもなく根が伸び始めると思います。サザンカの種子も今年初めて播いてみます。あとはドングリもそろそろ播かないと発芽が遅くなります。ツクバネガシ、アベマキ、コルクガシに初挑戦です。エノキ、イタヤカエデも播きました。しばらく...

  •  0
  •  -