Category

草花 1/2

クリスマスローズ

母のクリスマスローズが沢山咲いているので紹介しておきます。上の写真は地面から生えていますが、ほとんどが採集した種子から増えたものです。鉢に植えられているものは苗を買ってきた物か、種子から増えた物の中で気に入ったものを選んだのだと思います。手前の花は”ダブル”です。もう少し暖かくなると、わたしの飼っているミツバチが蜜を集めに沢山やってきます。受粉に貢献しているようでミツバチが沢山来ると種子が出来ます。...

  •  1
  •  -

スイセンとニラ

庭のスイセンがだいぶ伸びてきました。2月1日に撮った写真と比較してみます。だいぶ伸びたのが分かります。スイセンと言えば・・・夕方のニュースを見ていたら埼玉県で、農業物産館でスイセンをニラと間違えて販売してしまったと報道されていました。ネットニュースににもなっていましたが、道の駅みたいにだれでも農産物を販売できるような状況で生じたような感じです。再発防止のためか、生産者のシールに書かれた名前も出てい...

  •  1
  •  -

シャコバサボテン 短日処理

お正月に実家に行ったらシャコバサボテンがきれいに咲いていました。シャコバサボテンの花を見るといつもNHKの植物男子ベランダーという番組を思い出します。ベランダで植物を育てる独身男性の植物に関する物語が面白おかしく紹介されていくドラマです。面白いだけでなく植物に関する知識も勉強になります。その中の一話にシャコバサボテンの花を咲かせるためにダンボールで短日処理をするという話があります。シャコバサボテンが...

  •  4
  •  -

ホトケノザ

6月17日にはまったく見つけることのできなかったホトケノザ。夏に一旦枯れて、秋にこぼれだねから発芽してそのまま冬を越します。ことし始めてこの事実を知りました。確かに一度きれいに姿を消したホトケノザが今はまたたくさん花を咲かせています。花をつけずに冬を越すと思っていたので少し驚きました。このあともう一回枯れるのでしょうか?知っているようで知らないことだらけです。だから自然はおもしろい。...

  •  0
  •  -

この種子はなんでしょう?

植物の形は季節によって変化します。花が咲いている時期なら簡単に特定できる種類も、花が終わると名前が分からなかったりします。季節ごとの植物の変化を見ていくと、たとえ葉っぱだけになっても、あるいは幹や茎だけでもその植物が何か分かるようになります。昔、薬草を作る仕事をしていた時に、薬草の先生から、刈り取ってバラバラになって乾燥した状態になっても、それが何だか分かるようになれば一人前と言われたことがありま...

  •  0
  •  -

ヒガンバナ 群生地

甲州市の塩山総合グランドの横を車で通りました。一瞬真っ赤な景色が目に入りました。引き返して見てみるとヒガンバナが群生していました。空いている畑を使って人為的に増やしたのだと思います。それにしてもよくこんなに増えたものです。彼岸も過ぎていますので、ヒガンバナもそろそろ終わりそうです。ところで、ヒガンバナの葉っぱがどんなか説明できますか?花はみんな知っていますが、葉っぱを知らない人は多いです。花が完全...

  •  0
  •  -

千代田湖の睡蓮

甲府市の北側に千代田湖という湖があります。農業灌漑用の人造湖です。ヘラブナを釣る人のボートが湖面に浮かんでいたりしてのどかな雰囲気です。写真手前に広がっているのは睡蓮の花です。だいぶ数が増えているようです。今ちょうど花の季節で、沢山の睡蓮の花が咲いていました。白い睡蓮のようです。ところで、こんなに増えた睡蓮の葉は冬はどうなるのでしょうか?冬は枯れてしまうそうです。そしてまた春に根から葉が出始めて水...

  •  0
  •  -

ヤマハッカかヒキオコシ?

ヤマハッカかヒキオコシ、どちらかだと思うのですが・・・。シソ科ヤマハッカ属ヒキオコシという具合ですからよく似ているのでしょう。ネットの画像検索で両者を比較してみると、ヒキオコシの花はもっと特徴があるような。という事で、自分的にはヤマハッカだと思っています。山に育ち、ハッカに似ているのでヤマハッカというそうです。シソ科なのでいかにも香りがしそうな雰囲気がありますが、全くの無臭です。シソ科でも香りのな...

  •  0
  •  -

セキアノアキチョウジ

初めて知った山野草。セキアノアキチョウジ。9月の山でよく見られる山野草だそうです。シソ科で茎が四角くなっています。最初はヤマハッカやヒキオコシの仲間かと思いました。秋の山は控えめな花が目立ちます。...

  •  0
  •  -

ヒガンバナ 日照時間ではなく温度

ヒガンバナがお彼岸に正確に咲くのは、日の長さを感じているからだと思うと以前ブログに書きました。しかし、よく調べて見ると日照時間を感じているのではなく、温度で開花時期を決めているようです。考えてみれば、ヒガンバナは球根で花が咲く直前まで葉も茎も出ていません。これでは日照時間を感じることは不可能です。ですが、温度を感じて花を咲かせているとすれば、冷夏や猛暑の年などは開花時期が大きくずれてしまうのではな...

  •  0
  •  -

ヒガンバナ

昨日が彼岸の入りでした。ヒガンバナの様子を見ることができなかったので、今日確認してきました。やはりヒガンバナは正確です。草刈がされた跡の公園の敷地にヒガンバナが数輪咲いていました。その周辺にはまだ蕾の状態のヒガンバナも。自分が子どもの頃には、お寺のお墓の周りにヒガンバナが一斉に咲いて、赤い色が急に目立ったので、少し気味が悪かったのを覚えています。ヒガンバナを切ると家が火事になると言われていたことも...

  •  0
  •  -

中秋の名月 ススキ

今日は中秋の名月、十五夜です。残念ながら山梨は曇り空で、雲の間に月明かりがかすかに分かる程度で、名月は見ることができません。中秋の名月の日付は、旧暦の8月15日ですが、これは月を基準にした暦で決まるので、毎年変化します。秋分の日に一番近い満月(厳密に言うと満月ではない時もあるようです)の日でいいのでしょうか。秋分の日は9月23日ですから、その前後15日くらいに入るのだと思います。お月見にはススキが...

  •  0
  •  -

センニンソウとボタンヅルとボタン

センニンソウの白い花が目立ってきました。山に近いところなら、フェンスなどによく絡んでいます。十字になった4枚の花弁が特徴で、なかなかかわいらしい花です。センニンソウとよく似た花があります。同じつる性の植物です。ボタンヅルです。ボタンヅルも十字の白い花がよく目立ちます。センニンソウと同じくらい沢山の花をつけます。花の季節は、ボタンヅルのほうが早く、ボタンヅルがそろそろ終りになるころセンニンソウが咲き...

  •  0
  •  -

雑草の名前

雑草の名前は覚えにくいです。身近にありすぎて名前を特に意識しないからでしょうか。雑草なんていう言葉があるくらいですから多くの人がそう感じているのでしょう。でもやはり、わたしたちの一番身近にある植物なのです。雑草の名前をひとつづつ覚えていくと世界が広がります。庭の草取りをしていると気付きますが、生えている雑草の種類は毎年ほとんど変わりません。この草は根っこが深くて抜きづらいとか、こっちの草は抜いても...

  •  0
  •  -

フタリシズカ ハモグリバエ?

アカマツの林の中にキノコが出ていないか歩いてみました。キノコはなかったのですが、かわった模様のフタリスズカがありました。葉っぱにナスカの地上絵のようなものが描かれています。これはおそらくハモグリバエの仕業ではないでしょうか。ハモグリバエというのは、幼虫が葉の内部から食害するハエの仲間です。世界には約2,500種類が確認されていて、日本ではトマトやナスやネギに農業被害をもたらす害虫として知られていま...

  •  0
  •  -

ヤブラン セミの抜け殻

山の畑へ登っていく畦道に紫色の花が咲いています。ヤブランです。ジャノヒゲ、リュウノヒゲ、ルツボと似ている花や葉があって、いろいろ迷ったのですがヤブランでよさそうです。調べた図鑑では、花がもう少しピンクのようでした。地域差などがあるのかもしれません。ヤブランにセミの抜け殻が一つ。よくこんな細い植物を選んで羽化したものです。たぶん羽化の最中は大きくしなっていたのではないでしょうか。羽化も脱皮の一種です...

  •  0
  •  -

キツリフネソウ

今日は用事で一日でかけていましたので、写真だけアップします。キツリフネソウです。船を吊るした様な花なので、ツリフネソウです。普通のツリフネソウは紫ですが、これは黄色いので「キツリフネソウ」です。今の季節によく見かけます。...

  •  0
  •  -

ヌスビトハギ

名前の分からない植物がありました。とても小さいですが、ピンクでかわいい花です。同じ種類だと思いますが、ずいぶん花の感じが違います。全体だとこんな感じです。名前が分からないので調べることにします。草花だと思うので樹木の図鑑には出ていないと思います。樹木以外の図鑑で持っているものは、山渓ポケット図鑑の「春の花」「夏の花」「秋の花」の3冊です。季節は夏なので、「夏の花」から探します。おおよその見当をつけ...

  •  0
  •  -

ミズヒキ

ミズヒキがきれいです。植物の名前を覚えたいと思った時に、最初の方で覚えたものの一つです。熨斗袋の水引と関連していたのですぐに覚えられました。上から見ると赤いのに下から見ると白くなります。...

  •  0
  •  -

ネジバナ

今日は雨に濡れて作業したためちょっと寒気がします。写真だけアップして早めに寝ます。芝生に生えているネジバナです。蘭科植物の中では、非常に小さな花をつける植物です。公園など良く刈り込まれた芝生を探すとあります。芝の庭のある方はネジバナが生えてきたら手入れを怠っていない証拠ですね。それにしてもきれいにねじれています。...

  •  0
  •  -