Category

昆虫 1/4

ニホンミツバチの自然巣 ブナの大木に

林道を走っていた時に、幹に小さな穴をもつ大木を見つけました。こういう穴は気になります。近づいてみるとニホンミツバチが営巣していました。花粉を着けた働き蜂がたくさん戻ってきています。ニホンミツバチの自然巣を見つけるととてもうれしくなります。自然の中でたくましく生きているなと。何の樹だろうかと思って葉っぱを確認するとブナの樹です。ブナも山梨ではあまり見つけることができなくなっているので、大きなブナが残...

  •  0
  •  -

セイヨウミツバチの分蜂

昨日セイヨウミツバチが分蜂したので捕獲して巣箱に入れました。松の枝に固まっていました。もしニホンミツバチであれば、松の枝の葉のある部分ではなく、松の幹に固まっていたことでしょう。セイヨウミツバチ用の巣箱に移します。移し方は、目の細かい長めの昆虫網で適当にすくって、巣箱のふたを開けてその中に入れます。素早くふたを閉めます。あとは女王蜂がその中に入っていれば残った蜂も素直に巣箱に入ります。いつも人には...

  •  0
  •  -

ニホンミツバチの巣箱

今日は一日中雨降りだったので、あまり外にも出ませんでした。それで昔の写真を一枚紹介します。ニホンミツバチ用の巣箱です。今でこそニホンミツバチの飼育の仕方を解説した本が沢山ありますが、20年くらい前はほとんどありませんでした。わずかな資料をもとに自分なりに工夫して巣箱も作りました。巣箱の大きさは自分のサイズを決めて統一して作るのが良いです。これは蜂が入った巣箱を盗まれることがあるので、大きさを決めて...

  •  5
  •  -

ニホンミツバチが営巣する樹

いつもこのブログにコメントをくださるカピバラさんから、「日本ミツバチが自然界で、巣に利用できる樹木は、好き嫌いがあるのでしょうか?」という質問をいただきました。カピバラさんは桜の樹に営巣するニホンミツバチを見たことがあるそうです。今日はこの点について書きます。わたしもこれまで色々な樹に営巣するニホンミツバチを見てきました。特に好みの樹があるという感じはしません。ただニホンミツバチの探索蜂が候補地と...

  •  3
  •  -

キンリョウヘン(金稜辺) 種から増やす その3

キンリョウヘンの無菌播種のその3になります。前回からの続きで今回は③以降の説明になります。③無菌箱作り雑菌の混入を防ぐために密閉された空間で作業ができるようにします。業者の場合はクリーンルームやクリーンベンチというものを使いますが、高価なので家庭では無菌箱を用います。販売されているものはこんな感じです。ようは透明の箱を作って、外の空気が入ることを防いで作業ができるようにしたものです。たったこれだけの...

  •  4
  •  -

キンリョウヘン(金稜辺) 種から増やす その2

昨日に続きキンリョウヘンを種から育てるになります。できるだけ詳しく知りたいという方もおられますが、高い技術を追求するときりがなくなってしまうので家庭で実際にできるものを紹介します。時間的にも、キンリョウヘンから種子を採るのに1年ぐらいかかりますので、少しづつ書いていきます。キンリョウヘンを種から育てるのに必要な工程①キンリョウヘンに花を咲かせ人工授粉をし種を収穫する(種の収穫は1月~3月頃)②培地作...

  •  1
  •  -

キンリョウヘン(金稜辺) 種から増やす

ニホンミツバチを飼育している人が沢山このブログを訪問してくださいっています。それで今日はニホンミツバチの飼育に必須アイテムとなっているキンリョウヘン(金稜辺)について書きます。ニホンミツバチのことをそれほど知らない人のためにキンリョウヘンについて少しだけ説明します。上の写真が以前わたしが育てていたキンリョウヘンです。花や葉からわかるように洋蘭のシンビジュームに似ています。それもそのはず、このキンリ...

  •  5
  •  -

ニホンミツバチの蜜源植物について

ニホンミツバチを飼育している方から、次のような質問をいただきました。①日本蜜蜂の蜜源にと、以前、ビービーツリーの種を購入しました。ビービーツリーの花が終わる頃に続いて開花する木の種を紹介してください。②ケンポナシの種を購入手続きしました。ケンポナシの開花のあと、ビービーツリーが開花すると思っています。間違ってませんか。ニホンミツバチを飼育しているなんてすごいです!わたしも飼育していますが、なかなか難...

  •  0
  •  -

お茶の木とミツバチ

今日の甲府の最低気温は8.5℃でした。ミツバチは気温が8℃以下になると巣箱の外では活動しなくなります。「ハチは8度」と覚えます。11月に入ってから最低気温が10℃を下回る日がほとんどです。ミツバチの巣箱外での活動はそろそろ終わりになります。日中の最高気温は18.8℃まで上がりました。気温が上がれば、ミツバチは巣箱を飛び出していって花の蜜や花粉を集めに行きます。花の少ない季節にあってお茶の花は貴重な蜜源...

  •  0
  •  -

落ち葉のミノムシ

アロエの葉っぱの上でなにやら動くものがいます。落ち葉が蜘蛛の巣にかかって風で揺れているのかな、と思いました違うみたいです。よく見ると頭が出ています。ミノムシです。よく見るミノムシは木の枝を蓑にしていますが、このミノムシは落ち葉を集めてきたようです。あったかそうでちょっといいかもしれません。細い草につかまろうとしています。ところで、最近ミノムシを見かけますか?というのは、ミノムシの数が減っているとい...

  •  0
  •  -

マンホールの中にキイロスズメバチ

マンホールの蓋からスズメバチが出入りしているので対処してほしいと南アルプス市から依頼がありました。現場に行ってみると、確かにマンホールの蓋の穴からキイロスズメバチが沢山出入りしています。キイロスズメバチというと、軒下に大きな巣を作っているイメージがありますが、初期巣は地面に近い閉鎖空間に作ります。梅雨明けと同時ぐらいに広くて高い場所に引っ越していくことが多いですが、初期の営巣場所が十分に広ければ、...

  •  0
  •  -

ハナミズキの木にコガタスズメバチの巣

ハナミズキの木の中にコガタスズメバチの巣がありました。葉っぱがあるうちは隠れていて意外と気がつかないものです。巣が大きく成長してハチが頻繁に飛ぶようになると気がつきます。もっと寒くなって葉っぱが紅葉して落ちるようになってから巣が現れてくることもよくあります。11月に入っていれば、巣は空っぽの場合が多いです。スズメバチもアシナガバチも巣は1年きりの使い捨てです。この巣にハチが戻ってきて利用することも...

  •  0
  •  -

アナフィラキシーショックではなく急性循環不全

No image

毎年スズメバチに刺されて亡くなる人がいます。突然の出来事で、被害にあわれた方やご家族の方にはなんと言って慰めてあげたらよいのか言葉がみあたりません。9月の10日にも和歌山県で78歳の男性がスズメバチに刺されて亡くなったというニュースが報道されていました。その2日後ぐらいに死因について、「全身をハチに刺されたことによる急性循環不全だった」と発表されました。最初はこれが、アナフィラキシーショックによる...

  •  0
  •  -

杉の古木とオオスズメバチ

スズメバチの中でもオオスズメバチは別格です。体格もそうですが、毒の成分も他のスズメバチとは違います。オオスズメバチの毒だけに「マンダラトキシン」という成分が含まれています。マンダラトキシンは神経毒で、神経や筋肉に生じる活動電位を呼ばれる信号を止めてしまう性質があります。しかし、この毒そのもので人間が死ぬことはありません。人が死ぬ場合アナフィラキシーショックという、アレルギー症状によるものです。他に...

  •  0
  •  -

ヒメスズメバチ

臆病なヒメスズメバチに刺されました。弱っていた固体を素手で扱っていてうっかり針に触ってしまいました。アナフィラキシーショックにならないか心配でしたがどうやら大丈夫でした。ヒメスズメバチに刺されるのは初めての経験です。初めてだったのでアナフィラキシーにならなかったのか、それとも毒の量が少なかったからなのか、原因は分かりません。小指を刺されたのですが、少しだけ腫れて、今はかゆみが強いです。これで刺され...

  •  0
  •  -

ヤブガラシとヒメスズメバチ

夏のこの時期は花の少ない季節です。ミツバチも、花の蜜や花粉に頼っている昆虫たちも食料難の時間です。そんな中で昆虫たちに貴重な蜜や花粉を提供する植物の一つがヤブガラシです。つる性の雑草でほうっておくと植木などを覆いつくしてしまいます。ヤブガラシは長く花を咲かせて、いろんな昆虫を集めます。中でもハチはこの花が大好きで沢山集まります。おとなしいヒメスズメバチです。このスズメバチはアシナガバチの巣を襲って...

  •  0
  •  -

黄色いアブラムシ

ヒキガエルの飼育の時には赤いアブラムシが役に立ちました。セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシという名前でした。赤い色をしていたので見つけるのが簡単でよく利用しました。何でわざわざ目立つ赤にしたのだろうと不思議に思いました。今日公園で黄色いアブラムシを見つけました。調べて見ると、「キョウチクトウアブラムシ」というそうです。名前の通り、キョウチクトウ科につくそうです。それ以外にも、ガガイモやフウセン...

  •  0
  •  -

モンスズメバチ

モンスズメバチは巣を見えない場所に作ります。樹の洞の中、床下、天井裏、壁の中など様々です。時には、剪定や除草をした時のゴミを重ねておいた場所などにも作ります。例えばこんな場所です。モンスズメバチが何匹も出入りしていました。腐りかけた落ち葉の下から巣が出てきました。黄色くピンボケしているのは、飛んでいるモンスズメバチです。横40センチくらいに広がり、三段に成長した巣が出てきました。県によっては絶滅危...

  •  0
  •  -

YBS 山梨放送 スズメバチの取材

先週の金曜日にスズメバチの巣の状況について地元のテレビ局から取材を受けました。今年のスズメバチの巣の生育状況や、刺傷被害を出さないためにどうしたらよいかなどをインタビューされました。実際にスズメバチの巣を駆除する様子も撮影しました。その様子が本日 YBS 山梨放送の夕方のワイドニュースの中で放映されました。撮影の際はコガタスズメバチで巣も20センチ程度と小さいものでした。今年は梅雨が長かったため、...

  •  0
  •  -

アカボシゴマダラ 特定外来生物

畑の近くにきれいな蝶がいたので写真を撮りました。蝶についてはあまり詳しくないので、写真を撮っておいて後で確認しようと思いました。ただ、エノキの近くにいたので、オオムラサキかゴマダラチョウではないかと大雑把に予測しました。オオムラサキだとしたら紫色なので、やはりゴマダラかな・・・。調べてみたらすぐに分かりました。赤い星が特徴で、アカボシゴマダラというそうです。驚いたことに、2018年1月15日から、特定外...

  •  0
  •  -