まいにち植物、ときどき虫。

     

Category

樹木医試験と樹木医の仕事 1/3

三恵の大ケヤキ ケーブリング作業

国の特別天然記念物である三恵の大ケヤキの修復作業が行われました。近年巨樹の保護のために行われるようになったケーブリング作業です。外国製のコブラケーブルという特殊なケーブルを使って丈夫な幹同士を互いに引き合わせ、強風や万が一の落下に備えるという工法です。ツリークライミングでこの作業ができる業者の人が東京から3人来て作業をしてくれました。樹木医の方も含まれています。こちらがコブラケーブルと呼ばれるもの...

  •  1
  •  -

大ケヤキ 大カシ 樹木医研修会

樹木医会の山梨県支部の研修会が開かれました。今回は昨年の台風19号で被害を受けた、三恵の大ケヤキと永岳寺の大カシのについてこれまでの経緯や今後の治療の方針などについて話し合いました。三恵の大ケヤキです。近所なのでこのブログでも何回も紹介しています。折れた幹や枝の撤去は既に終了しています。加えて今後の被害が出ないようにワイヤーで枝同士をつなぐ作業が計画されているそうです。また、折れた枝のところをきれ...

  •  2
  •  -

樹木医試験受験資格 緑サポーター制度の活用

樹や植物が好きな人であれば、樹木医という資格に興味を持たれている人は多いと思います。樹木医の資格取得に挑戦してみたいと思いますが、受験資格の実務経験7年というのが大きな壁になります。(樹木医補という制度があり、実務経験1年で受験資格が得られる制度がありますが、これは指定された大学で学んだ人に限られるので、これから学校にいく人でなければ、さらに難しくなります。)業務経験は、樹木の保護・育成・管理、樹...

  •  0
  •  -

台風19号

No image

台風19号は本州のほぼ全域に記録的な豪雨をもたらしました。箱根での降り始めからの雨量が1000ミリとか、山梨県内でも500ミリというような数字はこれまで聞いたことがありません。今23時30分ですが、山梨県では全域の大雨特別警報は解除されました。少し前まで暴風も吹いていたのですが、今は風もほぼやみました。先ほど家の外に出てみたのですが、生暖かい風が台風が通りすぎたことを感じさせてくれます。とりあえず家の周りでは...

  •  0
  •  -

睦合小学校のセンダン

樹木医会山梨県支部では支部会員が手分けして県内の巨樹名木の診断保全調査を行っています。3~4名のグループで決められた一本の樹を診断します。わたしも初めて参加させてもらいました。割り当てられた樹は南部町の町指定の天然記念物 睦合小学校のセンダンです。台風の雨が残る中での調査となりました。先輩樹木医に色々と教えていただきました。学校の敷地内にあるので、枝の落下による危険なども避けなければなりません。そ...

  •  0
  •  -

入道雲

毎日暑くて大変です。汗が止まりません。でも汗がかけるというのはいいことです。汗が出ている時、既に体温は下がっています。体温が上がっていく時は、熱いと感じないと思います。(たぶん)汗をかいて体温が下がっていく時に熱いと感じるのだと思います。(たぶん)熱中症になるときは、脱水していて汗がかけないので熱いとも感じないのかもしれません。汗をかけなくなったら要注意です。夏らしい入道雲が出てきたので撮影しまし...

  •  0
  •  -

令和元年度 樹木医研修受講者選抜試験

No image

最近このブログへの訪問者が増えたなと思い考えてみると、本日7月21日(日)が令和元年度 樹木医研修受講者選抜試験の実施日でした。樹木医試験の事や対策についてネットで調べているうちにここにたどり着いたのでしょう。試験を受験なさった皆さん、お疲れ様でした。論述式試験は上手にまとめることが出来たでしょうか。このブログにも書きましたが、樹木医試験で合格発表まで不安が続くのは、問題をもらえないからです。家に...

  •  1
  •  -

自然再生士 特別講習 2日目

今日も朝 9:30分から自然再生士の 特別講習が行われました。内容は、自然再生を実際に行った時の様子として、岡山県の津黒高原に湿原を再生させたときの事例が紹介されました。そして、いきもの講座として鳥と昆虫の生態と生息地の再生技術についてでした。2日間の講義の最後に試験があるのですが、実際の自然再生士の試験問題を用いているようで、4択ではありますが、かなり難しいものでした。ただ、これは樹木医講習の時と...

  •  0
  •  -

自然再生士 特別講習

今年度まで樹木医の資格を持っている人は特別講習だけで資格を得ることができます。同期の樹木医も10人以上出席していました。今日は出先なのでこの辺で。...

  •  0
  •  -

乙女高原のヤチボウズ

乙女高原のヤチボウズです。ヤチボウズは樹ではなく草です。山梨県で初めて草で天然記念物になりました。まずは乙女高原の様子から。今ちょうどレンゲツツジが満開になっています。クリンソウも咲いていました。季節的に花は咲いていませんでしたが、秋にはマツムシソウやワレモコウも楽しめます。さて問題のヤチボウズですがこんな感じです。別角度から。一つだけでなく、群生しています。今は緑の新しい葉が出ていますが、これが...

  •  0
  •  -

洞雲寺の八房ウメ

洞雲時の八房ウメ自分も初めて知った天然記念物でした。普通の梅は、めしべは一つですが、ここの梅にはなんと八つもあります。成長と共に小さい梅ははじかれて落ちてしまうそうです。ちなみに、ここから比較的近い浅間神社にある梅はめしべが2つだそうで、それはひょうたん型に実がなるそうです。夫婦ウメと呼ばれています。...

  •  0
  •  -

竜泉寺の万年マツ

昨日参加した巨樹名木講座について詳しく紹介します。一箇所目は山梨市にある竜泉寺の万年マツです。5、6年前に近くのお墓の人が散布した除草剤が影響して半分ほど枯れかけた事があったそうです。山梨県の樹木医会が治療してようやく樹勢が回復してきたそうです。...

  •  0
  •  -

山梨県 巨樹名木学習講座

今日は山梨県の緑の相談所が主催している「巨樹名木学習講座」に参加してきました。樹木医が巨樹名木について解説していきます。私は一般の参加者として出席しました。解説は先輩樹木医の方が行っていました。全8回の講座になり、1回で3箇所を回ります。とても人気で受付開始30分ほどで定員がいっぱいになってしまうそうです。今回の予定です。①竜泉寺の万年マツ②洞雲寺の八房ウメ③乙女高原のヤチボウズ写真をたくさん撮って...

  •  0
  •  -

ミズキ 頂芽優勢にならない樹2

ミズキが独特の樹形になる理由です。植物ホルモンの話になるので、樹木医試験とも関連させて説明したいと思います。高木になる樹木の多くは主幹がはっきりしています。針葉樹などは顕著ですが、これは植物ホルモンの働きの影響があります。ふつう樹木は、頂芽優勢という形質があります。これは幹や枝の一番先端にある芽、これを頂芽といいますが、これが最も良く成長するということです。頂芽よりも根元に近い芽を脇芽といい、葉の...

  •  0
  •  -

ミズキ 頂芽優勢にならない樹

ミズキという樹があります。山地に普通に生えています。鳥などによる実生繁殖も多いので身近に見る事ができます。ミズキの樹形は独特で遠くからもそれと分かります。枝と枝の間に隙間ができます。枝が縦に伸びるのではなく、水平方向へ伸びます。言葉ではうまく説明できないので写真を紹介します。一番下の枝が分かりやすいと思いもいますが、水平に広がり花のテーブルのようになっています。このような樹形になるのはミズキ特有の...

  •  0
  •  -

富士山科学講座

富士吉田市にある富士山科学研究所の富士山科学講座に行って来ました。全6回の講座で今回は植生についてです。富士山周辺の植生についてぜひ知りたかったので参加しました。この施設は以前は、山梨県環境科学研究所という名称でしたが平成26年4月より山梨県富士山科学研究所と変更になりました。前から興味はあったのですが、行く機会がなく、本日初めての訪問となりました。室内から野鳥を観察できるスペースや、小さな図書館...

  •  0
  •  -

ツツジてんぐ巣病

たまには樹木医らしい記事も書かないといけません。樹木医試験にも頻出されるてんぐ巣病についてです。枝が一箇所から細かく枝分かれした症状を、まとめててんぐ巣病と呼びます。この樹はたぶんヤマツツジです。ですからツツジてんぐ巣病です。健全なツツジの枝はこんな感じです。2枚の写真は同じ樹の別々の部分です。ツツジてんぐ巣病の場合、病原菌は特定の菌類によりますが、植物ホルモンの異常が引き起こされて発生します。サ...

  •  0
  •  -

樹木医研修受講者選抜試験 受付開始

No image

今日から新元号令和が始まりました。といっても自分は特別な事はなく、昨日に引き続き畑の笹竹の伐採を続けています。毎年、5月1日は樹木医研修受講者選抜試験の受付が開始される日です。募集要項については一般財団法人日本緑化センターのホームページから調べることが出来ます。樹木医補でない人は7年の業務経験が必要になります。業務経歴証明書に加えて、業務経験事例を提出する必要があります。自分に受験資格があるか悩む...

  •  0
  •  -

第28期 樹木医交流会

今日は第28期の樹木医交流会が東京で開かれ参加してきました。樹木医は試験に合格し2週間の研修を終了した人が、毎年100人程度新たに認定されています。研修は前期と後期に分かれていて、それぞれ50人づつくらいで行われています。それで、前期クラスと後期クラスの人は同じ28期といっても顔をあわせたことが無いのです。今日の交流会は28期の前期・後期の樹木医が参加して互いに親睦を深めました。都合のつく人だけです...

  •  0
  •  -

霜と雪の違い

南アルプス市は季節はずれの雪となりました。発芽したばかりの苗にも雪が積もっています。暖かい地域の樹種には影響がありそうなので心配です。霜と雪では怖いのはやはり霜です。霜害とは、農作物の細胞の内または外の水分が凍り、そのために細胞は奪水されて枯死する現象です。植物内の水分が奪われて枯れてしまうのです。雪の場合は、雪が上に積もることによってかえって乾燥や寒さから守られることもあります。普通に雪の降る地...

  •  0
  •  -