Archive

2018年12月 1/1

火鉢

仕事場で安い薪ストーブを使っていましたが、場所が手狭になったので撤去しました。木切れがたくさん出る仕事なので重宝していました。ホンマ製で4千円くらいです。(安っ!)室内で使う場合には煙突が要るので、それとで1万円ほどかかります。今まで使っていたストーブです。しかし、冬場は火がないとさすがに寒いです。それで新たに火鉢を手に入れました。それほど大きくなく、直径26センチ、高さ23センチほどです。薪スト...

  •  0
  •  -

ツルマサキ2

先日松に寄生しているツルマサキについて書きました。地面からツルが巻きついているのかという疑問が残っていました。違う樹ですが、桜に寄生しているツルマサキを見つけました。この間と同じように中間あたりにツルマサキが茂っています。桜は落葉し、ツルマサキは常緑なので良く目立ちます。ツルマサキの実がなっています。今回は根本に注目しました。こんなに太いツルが這い上がっているではありませんか。かなりしっかり張り付...

  •  0
  •  -

ツルマサキ

アカマツの樹に寄生しているような植物がありました。上の写真で樹冠(樹の一番上の方)はマツの葉です。幹の中間あたりにもう一段 葉が茂っている部分がありますが、これが明らかにマツの葉ではありません。なかなか樹種を特定できずにいたのですが、同期の樹木医の仲間からツルマサキではないかと教えていただきました。確かにツルマサキのようです。寄生というよりは樹に這い上がって光を受けやすくしているようです。他のつる...

  •  0
  •  -

芽は目 葉は歯 花は鼻

No image

NHKの「チコちゃんに叱られる!」面白くて為になる番組で毎週見ています。12月7日の放送で、なぜ花と鼻はどちらも「ハナ」なのか?という疑問を扱っていました。答えは、「どちらもパッと目に付くものだから」というものでした。これには続きがあって、植物と人間の体には多くの共通の呼び方があるということでした。花と鼻葉と歯穂と頬茎と歯茎芽と目実と身という具合です。特に葉と歯の共通点には納得がいきました。葉は枯れて落...

  •  0
  •  -

セコイアメスギ

セコイアと名が付く樹は世界に3つあるそうです。日本で街路樹としても見ることができるセコイアはメタセコイアです。化石としては日本でも発見されていますが、中国で1945年に現存しているものが発見され、そこから挿し木と種子で持ち込まれたそうです。大きくて立派な樹です。アメリカにはセコイアオスギとセコイアメスギが自生しています。ジャイアントセコイアがセコイアオスギです。これに対してレッドウッドをセコイアメスギ...

  •  0
  •  -

ブナの実

ブナの実の収穫は難しいです。実をつけ始める樹齢は30年ぐらいではないでしょうか。そのような樹齢のブナの樹を見つけることも難しいです。ブナは毎年実を付けるのではなく、何年かに一度大量に実をつけます。5年に一度くらいです。ブナの実を拾いにいっても一つも見つけられない年もよくあります。ブナの実をはじめて拾った年は、たくさんの実が落ちていました。喜んで袋いっぱいに家に持って帰ってきたのですが、水に入れてみる...

  •  0
  •  -

ブナ

ブナの紅葉は美しいです。それは一本の樹でいろんな色が楽しめるからです。最初、紅葉は赤がきれいだと思いますが、目が慣れてくると黄色やオレンジがより味わい深いと感じます。そしてそれを引き立てているのは緑色だと分かります。庭に植えてあるブナです。樹齢5年か6年です。...

  •  0
  •  -