Archive

2019年05月 1/2

探索蜂

畑に置いてある空の巣箱に探索蜂が来ていました。探索蜂というのは、ミツバチが分蜂(巣別れ)した時に、新しい住処を探す役割の蜂です。ミツバチはにおいに敏感なので、以前使われていた巣箱はよく見に来ます。探索蜂はたくさんいるので、めいめい良い場所を探しにいきます。この探索蜂の数が増えてくると1~2日の内にミツバチの本体が来ます。大体5千匹から1万匹です。隣の空箱を見るとそちらにも探索蜂が来ています。おそら...

  •  0
  •  -

ツツジてんぐ巣病

たまには樹木医らしい記事も書かないといけません。樹木医試験にも頻出されるてんぐ巣病についてです。枝が一箇所から細かく枝分かれした症状を、まとめててんぐ巣病と呼びます。この樹はたぶんヤマツツジです。ですからツツジてんぐ巣病です。健全なツツジの枝はこんな感じです。2枚の写真は同じ樹の別々の部分です。ツツジてんぐ巣病の場合、病原菌は特定の菌類によりますが、植物ホルモンの異常が引き起こされて発生します。サ...

  •  0
  •  -

ハクビシン

短期間にハクビシンを2回も見ました。最初は先週の土曜日。河原の土手をうろうろしていて、それから河原の方へ降りていきました。すぐに携帯で撮影しようとしましたが、見えなくなってしまいました。初めての目撃です。2回目は昨日でした。山間の集落の道路を走っていると、道の真ん中に現れました。今度は急いで車の中から撮影しました。別にあわてて逃げるふうでもなく、むしろノコノコとこちらに向かってきました。車の横を過...

  •  0
  •  -

花から実へ2

セイヨウトチノキ、マロニエともいいます。日本のトチノキは白い花を咲かせます。実をつけるまでに時間がかかり、30年以上の樹齢が必要です。家にもトチノキがあり、今年で年目になりますが、まだ実をつけません。花もまだです。当然、実をつけるときは大木になっていて、トチノキが1本あれば、ミツバチの群を2箱養えるといわれています。セイヨウミツバチで一箱から20kg蜂蜜が取れるとすえば、40kg以上に蜜を出しているこ...

  •  0
  •  -

花から実へ

毎日忙しくしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。山の中にいると、時間がゆっくり流れているように感じますが、そうではありません。植物も昆虫も鳥も動物も、とても忙しく働いています。3週間前はまだ花だったウリハダカエデも、今日見てみたらもう種子に変わっていました。3週間前はこんな感じ(5月7日)これからさらに光合成を活発にして、この種子の中に養分を蓄えなければなりません。樹木の中にも、秋までに...

  •  0
  •  -

ヤツデ 発芽

ヤツデの種子が発芽しました。ことし始めて種子から育てました。実は4月17日に採集して、その日の内に播きました。そして約40日後に発芽です。種子に休眠性が無いか、休眠に入る前に播いたからです。休眠性がない種子の場合、播いてすぐに発芽するという利点がありますが、反面、種子の発芽能力を維持する時間が短いという欠点があります。ヤツデの種子は休眠性がなく、短期間で発芽能力を失うグループです。ある資料によると...

  •  0
  •  -

ゲッケイジュ 結実

ゲッケイジュが結実し始めました。今年はまあまあ実がなりそうです。昨年は数えるほどしか実りませんでした。たぶんゲッケイジュも、豊凶に偏りがあるのだと思います。1年おきに豊作と凶作を繰り返すパターンだと思います。枝や葉っぱにびっしりとルビーロウムシが付いています。今年は実験中で、天敵であるルビーアカヤドリコバチがどれくらい働いてくれるか試しています。今のところ目だった変化はありませんが、7月ごろに卵を...

  •  0
  •  -

ミツバチ 女王蜂確認

先日巣箱に収納したセイヨウミツバチに女王蜂がいるか確認しました。分蜂群なので女王蜂がいなければ巣は全滅してしまいます。これは、巣箱の中に卵が一つも無いからです。もし生後3日以内の卵があれば、そこから女王蜂を育てあげて巣を存続させることが可能です。分蜂群を収納した巣にはその卵が無いので女王蜂が作れないのです。回収したときに巣板2枚と巣礎(巣の形のパターンだけが作ってあるもの)を入れておきました。おと...

  •  0
  •  -

カエデの花

カエデ・モミジは紅葉が注目されます。カエデの花が好きだという人はあまりいません。そもそもカエデの花なんて見たこともないという人も多いと思います。意外に思えるかも知れませんが、カエデの仲間の多くは、虫媒花で虫によって受粉がなされています。それで、4~5月頃の花の時期に、イロハモミジの樹の下などに行くとミツバチの羽音がたくさん聞こえてきます。花を見るとたくさんの昆虫が蜜を吸いに集まっています。イロハモ...

  •  0
  •  -

桜は散る、椿は落ちる、梅は?

No image

昨日「マツコの知らない世界」というテレビ番組でアジサイを特集していました。アジサイ博士の川原田邦彦さんが出演していましたが、どこかでお会いしたことがあるような・・・。そうだ!樹木医研修だ!樹木医研修の最終日の樹種判定試験の時に、講師として植木協会を代表して来てくださっていた人の中のお一人でした。アジサイが専門だったのですね。知っている人が出ているので話に集中できます。その中で、アジサイは花が終わる...

  •  0
  •  -

ヤマネコヤナギ バッコヤナギ

今年はヤナギについていろいろと勉強しました。ほとんどのヤナギの仲間は雌雄異株であること、シダレヤナギは日本ではほとんどが雄株で種子がならないこと、種子が活力を維持する時間が極めて短いことなどです。そんなこともあって、ヤナギの仲間が自然と目に留まります。河原にはたくさんのヤナギが生えています。山の中にも意外なほどヤナギが多いことに気がつきました。種子で増やすことが難しいので、挿し木で増やそうと思い、...

  •  0
  •  -

セイヨウミツバチの分蜂

甲府市内の私立高校から、ミツバチが大量にグランドのフェンスにかたまっているという連絡がありました。高さが6メートルくらいのところだそうです。この時期ですからミツバチの分蜂であることは間違いありません。しかし、フェンスにかたまるというのは珍しい現象です。セイヨウミツバチであれば樹木の枝先にかたまります。ニホンミツバチの場合は、樹木の幹にかたまる傾向があります。遠目に見てもセイヨウミツバチであることが...

  •  0
  •  -

エゴノキ

エゴノキの花も満開です。公園や庭木としても良く見られますが、もともと山に多く自生している樹です。山梨県では、今の時期、林道を車で走っていても、エゴノキをたくさん見つけられます。種子から育てても3~4年で花を咲かせてくれます。家のエゴノキは高さ50センチ程度ですが、花が咲いています。昨日紹介したウツギと似ていますが、エゴノキは花柄が長く、花が必ず下向きになります。種子はコーヒー豆にそっくりです。いつ...

  •  0
  •  -

卯の花 夏は来ぬ

卯の花の 匂う垣根に ホトトギス 早も来 鳴きて しのびねもらす 夏は来ぬ小学校の時に音楽の授業で習った「夏は来ぬ」の歌詞です。文語体で書いてあるので、歌詞の意味は正確に理解していなかったのですが、自然の豊かさが伝わってきて好きな歌でした。夏が来たのだったか、夏はまだ来ないだったか、いまだに迷うことがあります。「早春賦」と混ざることがあるのです。早春賦はウグイスが出てきて鳴くにはまだ早いと思うので...

  •  0
  •  -

キブシ ナメクジ被害!?

キブシが発芽してきてていたのですが、本日見たらほとんどなくなっていました。おそらくナメクジに食べられてしまったのだと思います。上の写真は5月12日に撮影したものです。非常に小さい苗ですが、7~8本は確認できます。ラベルを見ると3月12日に播種したので、ちょうど2ヶ月たっての発芽です。樹種に限らず、発芽の時はナメクジ対策が必要なことが良く分かりました。その他の樹種の発芽です。去年載せなかったものを報...

  •  0
  •  -

名前を知らない樹と会う

今まで一度も通ったことの無い林道を車で通りました。今までに会ったことの無い樹と出会いました。かわいらしい花です。初めて見る花で、名前も知らないのでこれから調べてみます。全体の樹の感じからツツジの仲間ではないかとあたりをつけます。図鑑のツツジ科から調べ始めます。ありました!ウスギヨウラクという名前のようです。分布は静岡県西部・石川県以西、徳島県だそうです。そうすると山梨は北限に近いということです。暖...

  •  0
  •  -

樹木の名前を覚える②

No image

日本の樹木の名前を覚えることについて書いています。樹の名前を覚えたとは、どういう状態になったことをいうのでしょうか。たくさんの樹の名前を暗記するということではないと思います。もちろん、樹の名前を暗記していなければ、言葉に出てきませんからそれも必要なことです。しかし、一番喜びを感じるのは、目の前に現れた樹の名前が分かるという事ではないでしょうか。ですから、樹の名前を覚える時は、まず身近にある樹木から...

  •  0
  •  -

樹木の名前を覚える

日本に1,200~1,500種もある樹木はどの程度覚えればいいのでしょうか。全部覚えて、しかも見分けが出来る人はまずいないでしょう。(いたら申し訳ありません)市販されている樹木の本を参考にしてみます。(タイトルや説明欄に何種類の樹木が掲載されているか直ぐにわかるものです)・くらべてわかる木の葉っぱ 550種類の葉っぱのちがいが一目瞭然! (くらべてわかる図鑑)・この木なんの木?がひと目でわかる! 散歩の樹...

  •  0
  •  -

日本に自生する樹木の種類②

No image

日本に自生する樹木は何種類あるか?一つの資料として2,200種という数字を昨日紹介しました。さらに調べてみたいと思います。参考になるデータとして長野県内に自生する樹木の数がネットに載っていました。長野県林業総合センターが公表しているものです。それによると、長野県内に生育する樹木は針葉樹が28種 変種を含めると 33種。広葉樹が490種 変種を含めると 568。合計で518種 変種を含めると 601種になるそうです。...

  •  0
  •  -

日本に自生する樹木の種類

No image

日本に自生する樹木を出来る限り覚えようと努力しています。しかし、どれくらいの数を覚えれば、ある程度十分といえるのでしょうか。それを知るためには、まず日本に自生している樹木の種類数を把握しておく必要があります。最近では、こういった疑問を抱いたならとにかくインターネットで検索します。すると、次のような文章がヒットします。地球上には約8000種の樹木があり、日本には約2200種の樹木があると言われています。地球...

  •  0
  •  -