Archive

2019年10月 1/2

ヤマブドウ探し アオツヅラフジ

ヤマブドウの木のを探しているのですがなかなか見つかりません。以前畑に生えていたのはエビヅルのように思います。そのようなわけで、車で走っていても黒い房状の実が気になります。もしやヤマブドウではないかと思い車をとめて近づいて見ます。図鑑で見たのと少し違うような・・・。しかし、ヤマブドウの本物を見たことがないので違うとも言い切れません。山梨なので食用のブドウはいつも見ているのですが。やはりヤマブドウはも...

  •  0
  •  -

吉谷桂子先生講演 その4

No image

吉谷桂子先生の講演会その4です。近年の気候の変化に合わせた庭づくり。今年の夏は雨が非常に多くて心が3回くらい折れそうになった。ヨーロッパの植物は乾燥には強いが、高温多湿がダメなものが多い。多湿に強い植物を選ぶことと、環境を作ること。水はけを良くする工事はお金がかかるけれども、植物を買うよりも水はけの工事のほうが優先。季節にチューニングする。4月、5月、6月に咲く花が好きなので、10月頃から準備する...

  •  0
  •  -

吉谷桂子先生講演 その3

No image

吉谷桂子先生の講演会 その3です。手のかからないメンテナンスフリーの庭を造るためのヒント。植物の密度を濃くして、植物同士の根が絡むようにする。他の雑草を寄せ付けないようになる。イングリッシュガーデンではベアグランド(裸地)を作らないという約束事がある。裸地を作るとそこから雑草に入り込まれてしまう。プランティング イン レイヤーズ(重なり)手前にある植物の背後にある植物との関係性を考えるて庭をどう見...

  •  0
  •  -

吉谷桂子先生講演 その2

No image

吉谷桂子先生の講演会 その2です。そもそもなぜイングリッシュガーデンなのか?25才の頃から何度かヨーロッパに行くようになりました。イギリスのコッツウェルドに行った時、なんて美しい庭なんだろうと感動しました。なんでこんな美しい町がずっと続いているのか知りたいと思った。そのためには住んでみないと分からないと思い、移住を決めた。イギリスのガーデニングの草花の植え方には基本がある。ボーダー、ドリフト植栽な...

  •  0
  •  -

吉谷桂子先生講演 その1

No image

先日山梨県甲斐市で行われた吉谷桂子先生の講演内容について何回かに分けて紹介します。タイトルは「これからのガーデニングと花の庭」というものでした。1時間30分の講演と、30分の質問コーナーでした。1時間30分の講演の中で写真を160枚も使っていました。約30秒に1枚の割合できれいな写真が紹介されていましたので、全く退屈しませんでした。しかも、写真を見せているからといって沈黙しているわけではなく、ほと...

  •  0
  •  -

ムラサキシメジ

きのこの季節なのできのこについて書いていきます。吉谷桂子先生の講演についてはもう少しお待ちください。クヌギの林の中できのこを見つけました。これはもしやムラサキシメジではなかろうか。食べられるきのこを見つけました。幼菌もありました。裏はこんな感じです。きれいな紫色です。確かにこれはムラサキシメジ!食べられるきのこを見つけたのがうれしいと言うよりは、見分けられるきのこを見つけたことがうれしいです。しか...

  •  0
  •  -

きのこは木を食べる

いまさらですが、きのこについて少し説明します。きのこは菌類に分類されます。カビや酵母の仲間になります。わたしたちが食べる きのこの部分は子実体(しじつたい)といって植物で言えば花や果実にあたります。きのこの本体は菌糸といって細長い細胞の集まりで、きのこの子実体よりもはるかに大きく、きのこが発生している樹全体に広がっていたり、地面の広範囲に広がっていたりします。菌類の自然界での役割は、有機物である落...

  •  0
  •  -

きのこ観察会について

昨日のきのこ観察会について書きます。30分ほど施設内できのこについての説明を聞きました。南アルプス市の伊奈ヶ湖の森林科学館は現在民間の「生態計画研究所」という東京にある会社に管理を委託されています。そこの会社から派遣されているスタッフによる説明でした。派遣といっても山梨に何年も住んでいるので、県内の自然についても詳しいです。その後外に出て一時間くらいきのこを探してみんなで歩きます。たくさんのきのこ...

  •  0
  •  -

きのこ観察会 と 吉谷桂子先生講演会

午前中は櫛形山の伊奈ヶ湖にある施設できのこの観察会がありました。「イロ!カタチ!暮らしにせまる!キノコ観察」というものでした。平日の午前中ということもあって参加者は7名でしたが、3歳の男の子もお母さんと一緒に参加していてとても楽しいものとなりました。子どもの好奇心には感心させられます。伊奈ヶ湖の周辺を実際に歩いてどんなきのこが発生しているかを調べました。講師の先生が、やはりとてもきのこに詳しく勉強に...

  •  0
  •  -

アベマキとクヌギ

ブナ科のアベマキは西日本に多い樹です。山梨県ではアベマキをめったに見かけません。ほとんどがクヌギになります。樹木医研修の際に樹種判定でアベマキが出たのですが、不覚にも間違えてしまいました。事前の講習で初めて見たのです。アベマキは特徴のある樹で、日本の樹の中で最も厚いコルク層を作ります。このような特徴的な樹はもっと身近に感じたいです。家の近くのクヌギの樹のドングリが、普通のクヌギのドングリと違って少...

  •  0
  •  -

山栗 ミズナラ キノコ

久しぶりにお気に入りの山を歩いてみました。いつもはもう少し遅い季節になってしまうのですが、今年は意識して早めに時間をとりました。落葉していないので樹種の判別がしやすいです。山栗やミズナラが落ちていたので少し拾ってみます。育てられている栗と違ってとても小さいです。落ちて時間がたっているものにはほとんど虫が入っています。まだイガが青く割れていないものなら大丈夫そうです。ミズナラです。殻斗(かくと)がつ...

  •  0
  •  -

名前のわからないキノコ

図鑑やネットで調べてみましたが、名前のわからないキノコです。傘はクリーム色から薄い茶色。裏側。黄色がかったクリーム色でヒダは密です。もうひとつのキノコ。ちょっとかわいい感じ。おいしそうにも見えるけど。...

  •  0
  •  -

カラカサタケ 覚えました

今年はきのこが不作のようです。山梨県では道路沿いに桃や葡萄の直売所が多くあるのですが、この時期は店頭に天然のきのこも並びます。そのお店でも「今年はきのこが全然ダメ」と言っていました。気温や雨量などが影響しているのでしょう。今年からきのこの名前を覚えることに挑戦しています。幾つか覚えました。これは「カラカサタケ」です。きのこ鑑定会の時先生に鑑定してもらったのと同じものです。生えている場所、大きさなど...

  •  0
  •  -

上野原の大ケヤキ

明日予定されていた山梨県支部の樹木医研修が交通網の復旧の遅れと天候不順のため中止となってしまいました。樹齢800年の上野原の大ケヤキの治療に関するものであり、とても楽しみに待っていたので残念です。三恵の大ケヤキの治療にもきっと役立つはずです。交通網が復旧すれば、再度開催する可能性もあるのでそれを期待したいと思います。ここで上野原の大ケヤキについて情報を載せておきます。富士の国山梨観光ネットの記載内...

  •  0
  •  -

おたすけの木

昨日小学校の子どもの授業参観にいきました。体育館に学年全体が集まって災害への備えの授業が行われました。わたし自身がとても勉強になったので内容を少し書いておきたいと思います。授業をしてくださったのは南アルプス市の文化財課の職員の方でした。授業の内容はこの地域で過去に起こった災害の例を知り、今後に備えるというものでした。台風19号で、山梨県は河川の氾濫がほとんどなく、「山梨県は災害に強いね」と言われた...

  •  0
  •  -

ヤマブドウ

ヤマブドウの木を探していました。ノブドウはよく見かけるのですが、ヤマブドウは見たことがありません。今日畑の草刈をしていると、黒い実をつけたブドウの様な葉をつけた植物がありました。もしやこれがヤマブドウでは?見たことのない植物なので自信がありません。葉はこんな感じです。ヤマブドウとよく似た植物にエビヅルというものもあるそうです。どちらも見たことがないので見分けができません。もうちょっと調べてみます。...

  •  0
  •  -

三恵の大ケヤキ これまで

三恵の大ケヤキについてもう少しだけ書きます。やはり気になり今日も見に行きました。すると3人の人がカメラを構えていました。話を聞いてみると3人とも新聞記者さんでした。ひとりは地元紙の山梨日日新聞社、さらに読売新聞社、産経新聞社の人も来ていました。やはり、特別天然記念物の損壊は大きな話題となっているようです。わたしも自分が子どもの頃の時どんなだったかなどを少し話したりしました。そのようなこともあり、こ...

  •  0
  •  -

三恵の大ケヤキ

三恵の大ケヤキについてもう少しだけ。上の写真は少し離れた場所から撮影した三恵の大ケヤキです。損壊する前は、右半分と同じだけの枝葉が左側にもありました。それがすっかりなくなってしまったのが分かります。今後について市は国に被害を報告し、幹の撤去とケヤキの保護を検討すといっています。国の特別天然記念物なので、ぜひ保護してもらいたいです。樹木医の研修会の時にも天然記念物の保護制度についての講義がありました...

  •  0
  •  -

特別天然記念物 「三恵の大ケヤキ」 倒壊

「三恵の大ケヤキ」が倒壊してしまいました。昨日の台風が心配だと書いたので、今日確認に行ったら、遠くから見ても様子がおかしいことが分かりました。もともと以前の落雷で二つに裂けていた幹の片方が途中からばっさりと折れてしまっていました。ちょうど、NHKの甲府局のカメラマンが撮影に来ていました。今夜の山梨県のニュースで放送するそうです。樹木医であることを伝えると、この樹について樹齢などを聞かれました。樹齢100...

  •  0
  •  -

台風19号

No image

台風19号は本州のほぼ全域に記録的な豪雨をもたらしました。箱根での降り始めからの雨量が1000ミリとか、山梨県内でも500ミリというような数字はこれまで聞いたことがありません。今23時30分ですが、山梨県では全域の大雨特別警報は解除されました。少し前まで暴風も吹いていたのですが、今は風もほぼやみました。先ほど家の外に出てみたのですが、生暖かい風が台風が通りすぎたことを感じさせてくれます。とりあえず家の周りでは...

  •  0
  •  -