日本三大有毒植物

日本三大有毒植物なるものをご存知でしょうか。

日本にある毒草の中でも特に毒性の強いものです。
一つはもしかすると見たことがあるかもしれません。
もう一つは名前を聞いたことがあるかもしれないです。
そして最後の一つは初めて耳にする方も多いことでしょう。

日本三大有毒植物は次の3つです。

①トリカブト
②ドクゼリ
③ドクウツギ


トリカブトは山を歩く人であれば、目にすることがありますし、
園芸店で売られていることもあります。

ドクゼリは、ごくまれに食中毒になったというニュースで名前を聞くことが
あります。また古いドラマではドクゼリが殺人に使われるという設定もあったりします。

ドクウツギに関してはあまり耳にすることもありません。
それは、過去にドクウツギの実を、子どもがたちが誤って食べ、
亡くなる事例が多く発生したためです。
ドクウツギを駆逐しようという動きがあり、今では絶滅危惧種なみに
見かけることが少なくなったようです。

わたしもドクウツギは実物を見たことはありません。
恥ずかしながらドクゼリも見たことがないので、実際に目にしても
これがドクゼリだと言える自信がありません。

トリカブトはたまに見かけるので、危険は避けることが出来ると思います。
でも、ニリンソウとトリカブトを間違いなく区別できるかと言われれば、
花がない状態では自信がありません。

トリカブトとニリンソウを区別できるか確認できるサイトがあったので
紹介しておきます。

あなたはニリンソウとトリカブトを判別できますか?
ちなみにわたしは12問中3問 間違えました。(汗)

ドクウツギの実物は筑波実験植物園にあったみたいです。
見逃してしまいました。

dokuutugi.jpg

写真は筑波実験植物園のホームページからの引用です。

この赤く熟した果実がおいしそうで、また味も甘みがあるので、
子ども達が間違って食べてしまうそうです。




関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 0

There are no comments yet.