ブログを書き始めて一年

植物に関するブログを書き始めてちょうど一年が経ちました。

2018年3月21日よりも前の記事がありますが、それは樹木医試験の勉強のための覚書として後から書き足したものです。
タイトルにあるように毎日書くことが目標でしたが、パソコンの故障とともに中断し、それからは途切れ途切れになってしまいました。

2019年1月1日より新たな気持ちで書き始め、ここまで一日も休まずに書くことが出来ています。
「継続は力なり」という言葉を胸にがんばります。
「継続は力なり」といえば、関西のテレビ番組の探偵ナイトスクープの中で印象深いものがありました。
だいぶ前のものになりますが、2016年4月29日の回で放送された「電車くんの最終運行」というものです。

下のような内容になります。

神戸市の男子小学生(12)からの依頼。
僕は小1から6年間、小学校でずっとやり続けている事があります。それは電車になって、校庭を走り回る事です。ほとんどの休み時間は電車になっています。小5からはグレードアップした電車になって、走り回っています。休日や祝日など、学校が休みの日以外は、暑い日も寒い日も、少しくらい雨が降っても、電車になって無休で走ってきました。たくさんの友達や先生も応援してくれ、みんなは僕の事を「電車くん」と呼んでいます。ただ、この3月で小学校を卒業するのを機に、電車になるのを止めようと思っています。そこで最後に学校を飛び出して、自分の住む町で最終運行をやりたいです。探偵さん、手伝ってください、というもの。

たむらけんじ探偵は「板宿小学校」へとやって来た。休み時間になると段ボールで作った電車をまとった少年がいて、その後ろには多くの生徒が付いて来ていた。依頼人の「電車くん」こと大倉くんは口で電車の発射音などを真似して周っていた。モチーフにしているのは地元を走る山陽電車であるなど話し、最終運行では地元を盛り上げたいと話す。

学校にも協力してもらうため先生たちにも集まってもらった。大倉くんについて先生たちも知っており、小5の時に一度辞めようと考えていたがそれを止めたなど話した。そして放課後、一旦自宅へと戻り、ラストラン用の電車を装着してラストランが開始された。多くの人に声援を送られながら街を進み、最後は学校へと到着した。

VTRの後には「電車くん」としての卒業証書が渡されたなど説明した。


5年生の時、一度やめようとしたことがあったそうですが、その時に先生たちがプラカードを持って、「板鉄解散 断固反対!!」と声を上げ、廃止反対運動が起きたそうです。(板鉄というのは大倉君がつけた私電の名前)

ひとつのことを続けていくと周りの人も心が動かされるんですね。


2018年3月21日のブログはアーモンドの花の写真を載せました。
同じ樹の写真をとってみると、今年はまだ蕾です。
暖かい冬だと思っていたので、去年より早く咲くだろうと思っていましたが違いました。

DSC08371.jpg

ちなみにちょうど1年前がこちら。

アーモンド
関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 1

There are no comments yet.
おいおい

いつも本当に楽しく読まさせて貰っています

いつもワクワクして読ませていただいております、樹木医さんは楽しそうですね、毎日発信するのは本当に大変だと思いますが宜しくお願い致します。

  • 2020/03/20 (Fri) 19:36
  • REPLY