サクランボ 狂い咲き

今年は10月になっても暑い日が続いています。
その影響のためと思われますが、畑のサクランボに沢山の花が咲いています。
それも一本だけではありません。畑によってはほぼ全ての樹で花が咲いています。

近くにあるサクラの樹ではこの現象は見られません。

観察していると狂い咲きが生じる要因が分かります。
花が咲いているサクランボの樹は一度葉っぱを落としています。
これは秋になり、当然寒い日も何日かはあるので、そのタイミングで葉を落としたのだと思います。
その後で、暖かい日が何日か続いたので、春が来たと勘違いして花を咲かせたのです。
葉をあまり落としていない樹では花が咲いていませんでした。

この現象を利用すれば、秋にサクラの花を咲かせることが可能かもしれません。
つまり秋の始めに強制的に葉を取ってしまえば、その後暖かい日が来れば花が咲く可能性があるということです。
あくまで仮説ですので、実際にそうなるかは分かりません。

四季桜、十月桜という品種がありますが、おそらくこういった種類のサクラも、葉が落ちるのが早いのだと思います。
関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 0

There are no comments yet.