樹と木の違い

新しい年の最初の記事なので、一番基本的なことを書いてみたいと思います。

「樹」と「木」はどこが違うのでしょうか?
わたしも樹と木をごちゃ混ぜに使っていることもあります。ただしいつも意識していることは、切り倒されて時間が経ったもの、材木に加工されたものや、その木材を使って製品になったものに対しては「樹」という言葉を使わないということです。
「樹」という言葉は生きた樹木に対して使う言葉です。地面に根を張り立った状態の木のことをいいます。
それに対して「木」は樹も材木も、素材としての木に対しても使える言葉です。

英語にも「tree」と「wood」という単語がありますが、「tree」の方は、地面にしっかりと根が張っていて、そこから幹が立ち枝や葉が茂ったものの事を言います。
一方「wood」は材質としての木材のことを指して用いられます。
生きている樹のことを「wood」とは言いませんし、この机は「tree」からできているとは言いません。
日本語の樹とtree、木材とwoodが対応しているように思います。
ただ日本語の「木」という言葉は生きた樹を含めても用いる言葉なので、生きている樹に対して木と使っても間違いではありません。

英語の「tree」 は幹がまっすぐ伸びて、地面から少し離れた所から枝が出ているものを指します。日本語の高木のようなイメージです。
スギやマツやケヤキやカツラなどは全てtreeです。モミの樹もちゃんとChristmas tree(クリスマスツリー)と書かれています。

それに対して地面から細い幹が沢山立ち上がるようなものはtreeとは言わず、「bush」や「shrub」を使います。
これには低木、灌木、やぶ、茂みといった意味合いがあります。
ですからバラも"rose bush"になります。

ちなみに、英語で草は「grass」です。
樹と草の違いについてはまた別の機会に書きます。

IMG_2669.jpg

樹は切られた後も、木材となって人間の役に立ちます。
一生懸命に生きてきた樹を大切に使いたいです。

IMG_2670.jpg

上の写真は直径10センチ程度のサクラの枝です。小型のバンドソーで挽き割っています。
大切に使います。


関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 5

There are no comments yet.
カピバラ

そうなんだ

みつばちさん
樹と木の違い、恥ずかしながら今まで区別せずに使ってきました。
頭の何処かで?と思いながら調べませんでした。
おかげで、スッキリしました。(*^^*)

  • 2020/01/02 (Thu) 06:02
  • REPLY
レインボー

英語にも「tree」と「wood」という単語が

>英語にも「tree」と「wood」という単語がありますが、「tree」の方は、地面にしっかりと根が張っていて、そこから幹が立ち枝や葉が茂ったものの事を言います。

〇なるほど、英語は分りやすいですね。語源がしっかりしているせいでしょうか。
 新年からいい記事、ありがとうございます。
 今年もよろしくお願いします。
 草々

  • 2020/01/02 (Thu) 08:54
  • REPLY
さえき奎

みつばちさん、明けましておめでとうございます。
なるほど「樹木」と何の気なしに呼んでいますが、そんな違いがあるんですね。
いいことを教えてもらいました。
「卵」と「玉子」の違いにも似ていますね。
本年もよろしくお願い申し上げます。

CLM

謹賀新年

はじめまして。
いつもご訪問(人''▽`)ありがとう☆ございます。



ウードというアラビアの楽器がありますが
woodの語源になった。というのを思い出しました。

植物や木に関心がありますので
リンクさせていただきました。

今年もよろしくお願いいたします。


  • 2020/01/02 (Thu) 16:28
  • REPLY
天安

木と樹

木と樹、おもしろい解説です。勉強になりました。
実はわたし、自分の名前に木と樹があるんです。
苗字のほうに「木」がありまして名前のほうに「樹」が。
とても参考になりました。
樹木がすきなんですが、杉とか松くらいしか名前がわからず
もっといろいろと木と樹について知りたいという思いを
前からもってました。
ときどき、このサイト、参考にさせていただきますね。
今年もがんばってください。