ユッカラン アツバキミガヨラン

よく見るのに名前を知らない植物があります。
誰かに聞いたり、ちょっと写真を撮って調べればすぐわかるはずなのに、なぜかそのままにしてしまうことがあります。
この写真の植物が自分にとってはそうでした。

DSC00283.jpg

公園や一般のお庭にも植えられているのでよく目にします。
おそらくこの記事を読んでくださっている人の中にも、庭で育てている人がいると思います。
印象的な姿なので、誰かに聞けばすぐに教えてもらえると思います。
しかし今までそのような機会がありませんでした。

それで今日は調べてみようと決めました。
写真をとってネットで検索します。
何の手がかりもないと厳しいので、なんとなく聞いたことのあるような名前を入れてみます。
とりあえず、ランという名前が付きそうなので、聞いたことのあるような名前の「ユウゼツラン」で検索してみます。
すると「リュウゼツラン」という植物が存在して、葉っぱはよく似ていました。
これは一発でわかったかなと思い、さらに画像を調べていくと・・・。
あまりにも巨大であることがわかりました。葉の肉厚も花の茎の太さも高さもまるで違いました。

しかしこれをヒントに「リュウゼツランに似た植物」で検索すると「ユッカラン」というものが出てきました。
これです!!
「ユッカランか、そういえば前に母親に聞いたことがあったな・・・」
名前を聞いてから思い出すことも多いです。

DSC00285.jpg

さてこのユッカランは、ランという名前が付きますがラン科の植物ではなく、先ほど登場したリュウゼツラン科の植物に分類されていたようです。(近年キジカクシ科に変更になりました)ラン科よりもユリ科やヒガンバナ科に近いようです。
日本の自生種ではなく、明治時代の中期にアメリカから入ってきました。

和名では「アツバキミガヨラン(厚葉君が代欄)」というそうです。
アツバは葉が厚いからですが、なぜ君が代なのでしょうか。
それは、学名の種名が「Yucca gloriosa」で、グロリオサが「栄光のある」という意味なので、「君が代は栄える」という風に解釈して名付けられたといわれています。
おもしろいですね。こういうエピソードを一緒に覚えると名前も忘れないと思います。

DSC00278.jpg

今日わたしが写真を撮影した場所では、まるで自生地であるかのようにあちらこちらに生えていました。
どうやって増えているのだろうと思い調べてみると、これがまたおもしろいのです。
「虫媒花だが、花粉を運ぶ蛾がいないので日本では結実しない。」
日本では種子がならないようです。その理由が花粉を運ぶ蛾がいないから、とあります。
それが本当であれば、人間が花粉を取って雌しべに受粉させれば種子ができるはずです。
家にこの花がある人に試してもらいたいです。

ではどうやってこんなに増えたのでしょうか?
「繁殖は根際にできる子苗を分けて育てる。幹が倒れると地面に接した所から根を出す。」
株分けや、根伏せでも増えるようです。

DSC00281.jpg

外来種で繁殖力が強いとなると在来種への影響が心配にもなります。
調べた資料の一つにこんなものがありました。
「いったん侵入すると枯死することはなく、在来植物に悪影響を与える」。
実際一部の地域では駆除も行っているようです。
小さな根の一部からでも再生できるそうで、下手に抜いたりすると、ちぎれた根から次々と再生してかえって数を増やしてしまう結果にもなる、と指摘している人もいます。

外国から来たものは繁殖力が強いですね。
上手に付き合っていく必要を感じます。
関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 3

There are no comments yet.
カピバラ

外来種

みつばちさん
私も日本ミツバチを飼うようになってから、花の名前を知りたいと思って調べる事がありますが、中々本当の名前に行き着けませんでした。
検索方法を教えて頂けました。有難うございます。

日本ミツバチは楚々とした小さな花が好みのようで、調べてみると、昔から目にしていたような花が外来種である様な事に驚かされます。
また、タンポポのように外来種に席巻されつつある花もあります。
そして、どの野草も生命力が強そうです。
でも、あまりそれらの花に来ているのを見た事がなく、木々の花の蜜を中心に集めているように思います。

  • 2020/01/17 (Fri) 08:59
  • REPLY
Napoli

とても勉強になります。

みつばちさん、初めまして。足跡から伺いました。

ユッカランの花を見た時ハクモクレンが上下逆になっているのかと思いました。
ユッカラン、確かに私も見たことありますが名前は知りませんでした。

みつばちさんのブログには私が興味のある木々が沢山登場していて、
どれもがとても奥深く書かれているので大変勉強になります。
いろいろなヤナギ、多行松、ダケカンバ、シラビソ、ヤマコウバシ。。
是非端から拝読したいです。

  • 2020/01/17 (Fri) 20:58
  • REPLY
みつばち
みつばち

To Napoliさん

訪問&コメントありがとうございます。
わたしもサイト見させてもらっています。植物の写真参考にさせてもらっています。植物以外の写真も素敵です。
これからもよろしくお願いします。

  • 2020/01/18 (Sat) 13:23
  • REPLY