キンリョウヘン(金稜辺) 種から増やす

ニホンミツバチを飼育している人が沢山このブログを訪問してくださいっています。
それで今日はニホンミツバチの飼育に必須アイテムとなっているキンリョウヘン(金稜辺)について書きます。

キンリョウヘン3

ニホンミツバチのことをそれほど知らない人のためにキンリョウヘンについて少しだけ説明します。
上の写真が以前わたしが育てていたキンリョウヘンです。
花や葉からわかるように洋蘭のシンビジュームに似ています。
それもそのはず、このキンリョウヘンは洋蘭の原種となった欄です。この花を別の欄と掛け合わせて今あるような大輪で色鮮やかなシンビジュームが作られてきました。(わたしは洋蘭の会社に少しだけ勤めていました)

さてニホンミツバチとの関係ですが、このキンリョウヘンの花がニホンミツバチの分蜂群を引き寄せます。分蜂の時期と花の時期がちょうど重なっていて待箱にキンリョウヘンをセットしておくとニホンミツバチが入居する確率が格段に高まります。

キンリョウヘン

写真はキンリョウヘンの花にニホンミツバチの分蜂群が集まっているところです。この後巣箱の中に入ります。

それでこのキンリョウヘンを沢山欲しいと思うのですが、ニホンミツバチを捕まえたい人はみんな欲しいと思うので値段はやや高めです。
通常は株分けで増やすのですが、実は種から増やすことも可能です。
自分も以前挑戦したことがありました。ラン科の植物特有の方法があるのですが、それを無菌培養といいます。
簡単ではありませんが、うまくいったりいかなかったりが、まるでニホンミツバチの飼育と同じようで、挑戦する気持ちに火が付いてしまうのです。

ちょっと1回では紹介しきれないので、何回かに分けて書きたいと思います。

なぜ、今キンリョウヘンの種まきのことを書こうと思ったかというと、昨日のアツバキミガヨランのことを調べたことがきっかけとなりました。
「虫媒花だが、花粉を運ぶ蛾がいないので日本では結実しない。」
ならば、人工的に受粉すれば結実するのではないかと書きました。
それで今日、実際に受粉を試みてみたのです。
その方法が、キンリョウヘンを人工的に受粉して、種子をならせることに良く似ていたので何年も前のことを思い出したのです。
キンリョウヘンの受粉の方法については次回書くとして、今日はアツバキミガヨランの人工授粉です。

DSC00290.jpg

昨日も登場したアツバキミガヨランの花です。
花びらをまくってみます。

DSC00291.jpg

おしべとめしべが出てきました。こんなに近いのに受粉しないとは。
特別な蛾がいないとダメなんでしょうか?ハナムグリとか潜っていきそうですよね。
季節が遅くなって、わずかに残った花だったので、もう霜が下りて受粉は厳しそうな感じです。
ネットの写真で見たものは、もっとおしべの周りに花粉が粉々しているようでした。

DSC00293.jpg

たぶん季節的に無理だと思いますが、だめもとで一応人工授粉してみます。
真ん中の少し緑色しているのがめしべです。この先にその周りにあるおしべの花粉をつけます。
めしべの形は大体どの植物もこんな感じなので覚えておくと良いと思います。

一応気にしておいて結果を見に行って見ます。
アツバキミガヨランの花を受粉させる蛾はユッカ蛾というそうです。

アツバキミガヨラン 蛾
ガーデニングの図鑑さんからお借りしました

日本にもいそうな蛾ですが・・。
関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 5

There are no comments yet.
カピバラ

キンリョウヘン

みつばちさん
2019年2年22日のキンリョウヘンと言う記事を拝読してから、キンリョウヘンの無菌培養が気になっておりました。
お尋ねしょうかなと迷っておりました。
タイムリーに触れて頂きました。
凄く興味があります。
技術的にはかなり難しいのでしょうが、具体的に解説頂ければ幸いです。
今年はキンリョウヘンの花にアミを被さず、ミツバチに受粉させようかと思っています。
宜しくお願いします。

  • 2020/01/18 (Sat) 07:27
  • REPLY
ノンユー

初めまして。
大変面白いお話ありがとうございました。

  • 2020/01/18 (Sat) 15:09
  • REPLY
パープル

こんにちは。

こんにちは。

いつもいらして下さって
有難うございます_(_^_)_

私のブログ記事
どこか面白いですか?

楽しんで頂けたら嬉しいです。

  • 2020/01/18 (Sat) 15:16
  • REPLY
みつばち
みつばち

To パープルさん

訪問&コメントありがとうございます。
おいしそうな料理の写真をいつも楽しませてもらっています。
パープルさんのお料理は季節感が伝わってくるので、旬のものを参考にさせていただいています。
これからもよろしくお願いします。

  • 2020/01/18 (Sat) 16:39
  • REPLY
ももPAPA

拙いブログへのご訪問 ありがとうございます。

キンリョウヘンの花は、ミツバチを引き寄せる蜜の香りがあるのでしょうか。
ミツバチが好きな香りを持つ蜜って キンリョウヘンの他に 例えばツバキ
とか あるんでしょうか。

ミツバチのことについて トンと疎いももPAPAです。でも興味あります。