ユリノキ その後

ユリノキのその後について報告しておきます。
双葉の後、本葉が出てきました。
まだ丸い感じで、ユリノキ独特の半纏(はんてん)の形にはなっていないようです。

発芽から振り返ってみます。

12月24日  発芽。
DSC09996.jpg


1月6日  双葉の間から小さな本葉が出てきました。
DSC00103.jpg


1月8日 少しだけ幅が広がったように見えます。
DSC00123.jpg


1月13日 ゆっくりではありますが確実に成長しています。
DSC00229.jpg


1月14日 丸くなってきました。
DSC00228.jpg


1月21日 ここのところ暖かかったせいか急に葉が大きくなったように感じます。葉脈もうっすら見えます。2枚目の本葉も出てきているのがわかります。
DSC00300.jpg

ユリノキは成長が早くあっという間に大きくなります。
ですから、実生直後の幼苗の姿を見ることはめったにありません。
一生懸命に生きる姿がとても愛おしく思います。


関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 1

There are no comments yet.
カピバラ

ユリノキ

みつばちさん
ユリノキって、花の蜜がドバッと出るらしいですね。
蜂飼いには垂涎の蜜源ですが、大木になる為、ミツバチが蜜を吸っているのを見られないらしいです。(^^)

  • 2020/01/23 (Thu) 22:15
  • REPLY