大ケヤキ 大カシ 樹木医研修会

樹木医会の山梨県支部の研修会が開かれました。
今回は昨年の台風19号で被害を受けた、三恵の大ケヤキと永岳寺の大カシのについてこれまでの経緯や今後の治療の方針などについて話し合いました。

IMG_20200208_102616.jpg

三恵の大ケヤキです。近所なのでこのブログでも何回も紹介しています。
折れた幹や枝の撤去は既に終了しています。
加えて今後の被害が出ないようにワイヤーで枝同士をつなぐ作業が計画されているそうです。
また、折れた枝のところをきれいに切りなおして、成長してきた組織がそこを包みこみやすくなるようにする予定です。
作業はツリークライミング技術を使う専門の業者が行うようです。
見学ができたら報告します。

IMG_20200208_125551.jpg

もう一箇所は県指定の永岳寺の大カシです。
遠くから見たことはあったのですが、今回初めて近くで見ました。
これほど樹高のあるシラカシを見たことがありませんでした。

IMG_20200208_125615.jpg

説明には高さは25.2メートルとありました。
二年続けて台風の被害を受けており、枝の多くが失われてしまっています。

IMG_20200208_125629.jpg

今日もかなり強風にあおられていて、今にも幹が二つに裂けそうに感じるほどでした。
このような大きな樹を保護していくのは大変です。
枝が折れた際に周りのお墓や建物の瓦を壊してしまいその修理にかなりの費用がかかったそうです。
枝を切りたいという話も出ています。

いずれにしてもこのままでは残りの枝も折れてしまう可能性が高いので、短く切り詰めるかの検討がなされていました。
樹勢が弱っているのでうまく芽が吹いてくれるか心配な要素があるので、慎重な見極めが必要なようです。

IMG_20200208_133454.jpg

根の状態を確認する大先輩樹木医です。

関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 2

There are no comments yet.
t34hayabusa

皆様の活動が!

各地方にある
由緒ある木樹は、
皆さんの地道な活動で
長生きしているんですね。
ありがとうございます。

  • 2020/02/09 (Sun) 08:39
  • REPLY
みつばち
みつばち

To t34hayabusaさん

訪問&コメントありがとうございます。
大樹のもつ迫力に圧倒されます。わたしたちにできることは本当にわずかです。
しかし出来ることもあるので、がんばります。

  • 2020/02/10 (Mon) 16:29
  • REPLY