ニホンミツバチの巣箱

今日は一日中雨降りだったので、あまり外にも出ませんでした。
それで昔の写真を一枚紹介します。

hb20090309_0072.jpg

ニホンミツバチ用の巣箱です。
今でこそニホンミツバチの飼育の仕方を解説した本が沢山ありますが、20年くらい前はほとんどありませんでした。
わずかな資料をもとに自分なりに工夫して巣箱も作りました。

巣箱の大きさは自分のサイズを決めて統一して作るのが良いです。
これは蜂が入った巣箱を盗まれることがあるので、大きさを決めておくと自分の巣箱かどうかを確認できるからです。

以前庭に置いていた巣箱をメジャーで計っているおじいさんがいました。たぶん自分の巣箱が盗まれてしまって自分のものかどうか確認していたようです。もちろんわたしはそんなことは絶対にしません。逆に巣箱を盗まれたことは何度もあります。
ですから、せっかく蜂が入居した巣箱を取られる悔しさは良く分かります。

写真の巣箱の色が新しいものは作りたてのものです。
なるべく雨ざらしにして、新しい木のにおいがなくなったほうが蜂が入りやすくなります。
また何度か実際に蜂が使ったものは「経験のある待箱」といって、蜂が入居する確率が格段にあがります。

この写真の頃は、ニホンミツバチの分蜂群を熱心に捕まえて巣箱が足りないくらいだったのですが、最近は少し蜂熱も収まっています。それでも春が来るといよいよミツバチのシーズンだと少し気持ちがわくわくしてきます。ブログにコメントを下さる方の中にもニホンミツバチを飼育している人がいますので、今年はわたしもニホンミツバチを追いかけてみようと思います。



関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 5

There are no comments yet.
カピバラ

20年も前からですか?

みつばちさん
随分前からミツバチさんを飼っていらっしゃるのですね。
個人養蜂家としては、先駆者ではないでしょうか?
私は5年くらい前までは、個人でミツバチさんを飼えるなんて、思ってもみませんでした。
しかし、始めようとした時、自然群は絶滅していました。
3度目の春が巡ってきても、捕獲はできませんでした。
それでも諦め切れず、飼っている方を探し回り、なんとか譲って頂きました。
それから夢中です。(*^^*)
自然群を増やすのが今の夢です。

  • 2020/02/17 (Mon) 07:22
  • REPLY
わんわんママ

知らないことばかりです

巣箱って手作りするんですね。
ちゃんと既製品があるとばかり思ってました。
それに盗まれるって、それもビックリです。

  • 2020/02/17 (Mon) 09:11
  • REPLY
ふんぼう

腹立たしいですね

初めてコメントします。
もう何年も蜜蜂捕獲に挑戦していますが旨くいかず諦めかけています。
そこで昨年は杉丸太で作り設置するとすぐ盗難にあいました。


  • 2020/02/17 (Mon) 14:01
  • REPLY
みつばち
みつばち

To ふんぼうさん、 わんわんママさん、 カピバラさん

コメントありがとうございます。
ニホンミツバチの飼育をしてみたい人は多いのですが、セイヨウミツバチと違って自由に巣箱を増やせないので、数が絶対的に不足します。
空の巣箱は盗まれませんが、蜂が入っているとすぐに盗まれてしまいます。
悲しいです。

  • 2020/02/18 (Tue) 10:36
  • REPLY
siyou110

私も今年からデビュー予定です

みつばちさん初めまして
先日からミツバチに挑戦しようと
ネット等で調べ試作品を作りかけています
色々教えてください
木の表面を焦がすと良いとありましたが
これって大丈夫でしょうか?

  • 2020/02/21 (Fri) 18:21
  • REPLY