街路樹

街路樹に多く利用されている樹にモミジバフウがあります。
秋になると真っ赤に紅葉し、葉に5つの深い切れ込みがあるのでカエデの仲間と勘違いされることもあります。
成長が早くすぐに大きくなるので、強剪定されてしまって、時には樹冠が一定の高さで切りそろえられてしまいます。
少し前までは、そのようなかわいそうな街路樹が多かったのですが、最近は樹形を美しく整えて剪定されているものも多く見るようになって来ました。

DSC00552.jpg

近くの道路のモミジバフウの街路樹です。剪定作業が終わったところです。
自然樹形になるように下側の枝を広く、上に行くほど狭くして円錐形になるようにしています。
細い枝も全部落としてしまうのではなく、何本か残すことによって徒長枝が出ることを抑えています。
徒長枝というのは、強い剪定をされた時に、何とか切られた分を取り戻そうと思って、まっすぐに立ち上がって伸びてくる強い枝です。勢いがいいのですぐに太く大きくなりますが、樹形を乱す原因になり、いずれは切らなければならなくなる枝です。

紅葉したときのモミジバフウとフウの写真があるので比べてみてください。


IMG_20181201_135315.jpg

針葉樹ではないのにきれいな円錐形であることが分かります。
ここのモミジバフウはほとんど自然のままに育っているので自然樹形です。高さも8メートルくらいあります。
先ほどの街路樹は3メートルくらいですがこの自然樹形を目指そうとしているのが分かります。

関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 3

There are no comments yet.
カピバラ

街路樹

みつばちさん
こちらでは街路樹に夾竹桃と言う樹木が植えられているのをよく目にします。夾竹桃は花がピンクで可愛らしく、自分でも植えようかと調べた事があります。
しかし、あちこちに植えられてるのに、死者さえ出ている毒がある樹木だと知りました。
近くの小学校にも植えられています。
身近に植えられているのは何故でしょう?
この樹木は生命力が強く、原爆が落とされた広島に、いち早く復活した樹木として知られているようです。

  • 2020/02/28 (Fri) 08:10
  • REPLY
おいおい

同感です

富山県のモミジバフウも同じです、落ちてる葉っぱを見ると切れ目が三箇所しか無く
モミジバフウ?となり、ある先生に調べて頂くと強剪定をしてるので葉にも影響が出てるのかもと言われました、実もつかないので街路樹は可愛そうですね。

  • 2020/02/28 (Fri) 16:34
  • REPLY
-

フウは知ってます(^^)/

叔母が住んでた団地に、いっぱい生えてました
今は、無いかも…

あれ、身?が不思議ですよね(◎_◎;)
スカスカの松ぼっくりみたい
第一印象が
「なんだ、この気色悪い踏み心地は」だったんです。



そっか紅葉すると綺麗なんですね(≧▽≦)

  • 2020/02/28 (Fri) 20:41
  • REPLY