カツラの巨樹

土曜日の新たな天然記念物候補の調査の際に、既に県の天然記念物に指定されているカツラの樹も見てきました。

DSC00607.jpg

このカツラの樹は山梨県内で最大のカツラです。
推定樹齢500年、高さ33メートル、目通り9メートル、根回り14メートルです。
カツラの樹は水が好きで、このカツラも横の沢から常に水が供給されたのでこれほど長生きできたのでしょう。

DSC00605.jpg

写真を見ると分かりますが、何本もの樹が集合しているようになっています。
カツラは根元から萌芽しやすく、これが成長して新たな主幹になります。このように主幹を入れ替えながら長い年月を生き延びます。

IMG_20200229_143156.jpg

カツラは春に葉が出る直前に芽の色が赤くなります。この赤い色でカツラと気がつくことがあります。
秋には甘い香りがします。
季節を感じることができる樹なので大好きです。

関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 0

There are no comments yet.