シキミ 有毒植物 八角に似ています

庭のシキミの花が咲いていました。

DSC00660.jpg

下半分に花びらがあるように見えますが、霜にでもあたったせいでしょうか?
普通は上側にも花びらがあります。
参考に何年か前に撮影した写真も載せておきます。

DSC07504_20200314234802f39.jpg

シキミの花は仏式の葬儀などで使われる仏花です。それでお寺などでよく見かけます。
有毒植物で注意が必要です。

DSC00674.jpg

上の写真は種子と種子が入っている実ですが、これが中華料理で用いる八角とよく似ています。
下の写真が、SB食品で販売している八角です。
焼き豚などを作る時に入れたりします。

hakkaku.jpg

大きさは八角の方が大きいのですが、色形はそっくりです。
それもそのはず、八角はトウシキミといってシキミの仲間だからです。
ただ、トウシキミには毒がなく、料理に使うことが出来ます。

日本にあるシキミは実が有毒で食べると食中毒を起こします。かなり毒が強かったと思います。
中毒症状は、嘔吐、腹痛、下痢、痙攣、意識障害等で、死亡事例も多いとあります。
シキミの実を八角と間違えて採集してしまい料理に使って食中毒になってしまったという事が多くあります。
正直に言いますと、自分もシキミの実を採集したときに、香りもいいし、八角の代用になるのではないかと考えてしまいました。図鑑で調べて毒があることを知り危機を回避することが出来ました。

シキミの語源は「悪しき実」だそうですが、これは毒があるので子どもなどが間違えて食べないように注意する意味があったのでしょうね。
お墓の近くに植えられたのはこの毒が動物にも効いて、お墓を荒らすことから守られたからだと思います。ヒガンバナなどと同じ理由ですね。

ただ香りはとても良くて、爽やかな気分になれます。


関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 3

There are no comments yet.
カピバラ

そうだったのですね

みつばちさん
いつも知らない事を教えていただけます。
シキミは葬儀の時に見ますので、何か昔からのしきたりの様に感じていました。
以前、熊野古道に自生するシキミが放映された時、地元の方は死人の臭いを消す為という様な事を話しておられました。
実は八角ですね。
私は八角の効いた唐揚げに、レモンを絞って食べるのが好きです。

  • 2020/03/15 (Sun) 08:53
  • REPLY
LandM

シキミは有毒植物だったのですね。
なので、動物も食べたりしない。墓荒らしもない。
成程、昔の人もそれを分かっているから、
墓場に植えたりしていたのですね。
先人の言い伝えって科学的に根拠があるものも多いですよね。
とても勉強になります。

  • 2020/03/15 (Sun) 09:33
  • REPLY
ま~ねん

知りませんでした><

有毒だったんですねー

八角はたまにお料理で使うのですが
見た目が似てる事も初めて知りました><

嫁に教えてあげる事にします(´艸`)