令和3年度 樹木医研修受講者選抜試験 合否通知

令和3年度の樹木医研修受講者選抜試験の合否通知が届いているようです。
このブログを読んでくださっている人が教えてくださいました。
8月18日には届いたようですから、例年よりも早めに通知が来た模様です。
コロナの影響によって、リモート受講などが考えられますので、早めに対応できるようにとの配慮かもしれません。
貴重な情報をお寄せくださって本当に感謝しております。

昨年度がコロナの影響により試験が行われませんでしたので、今年は2年分の人が受験を受けたことになります。
樹木医研修受講者選抜試験は、何点以上取れば合格できるというものではなく、受講者になれる上位100名前後に入らなければならないという試験です。
当然、受験者が多ければ、その分倍率が上がります。
そのような訳で今回は最も合格するのが難しかった試験年度かもしれません。

情報を寄せてくださった方は選択式試験の問題に関しても本当によく覚えていて、それをメモにしてくださいました。
なんと29問を覚えておられました。
以前このブログに書きましたが、わたしは自分の受けた試験問題を思い出そうとしても35問中20問程度しか思い出せませんでした。
おそらくほとんどの人がこれくらいだと思います。

非常に貴重な情報なので紹介させていただきます。

選択式
・樹皮の写真を見て樹種を答える
・種名、属名、科名
・潜葉性害虫の類
・雌雄異株の植物
・2019年台風被害
・ウソの特徴
・害虫の長毛と産卵
・針葉樹樹種別の樹脂道の場所
・オーキシン
・塩基飽和度
・二次代謝産物
・コルク形成層、皮層、コルク組織の関係(図あり)
・スギ、ヒノキの花粉飛散量年次グラフを読み解く
・都道府県別街路樹数ランキングから4樹種を当てる
・土壌構造それぞれの特性
・カシナガ、ヒメコガネなどの体長比較
・カシナガ、マツマダラ、unknownの病名(ラテン語)
・シロアリの種別特徴
・植栽区域が決まっている樹種
・株断面の健全部位の面積計算
・太平洋側と日本海側の同種名組み合わせ
・絶滅危惧種組み合わせ
・心材腐朽、辺材腐朽、腐朽型
・防火性、耐火性樹種
・移植
・挿木、接木、取り木
・挿木の容易、困難組み合わせ
・萎凋病の病徴
・特別天然記念物(倫理)

論述
1.ハリエンジュ問題と対策
2.街路樹がもたらす生態系サービス
3.移植時に適度に剪定・摘葉する必要性


樹木医研修受講者選抜試験の問題は過去に出題された問題と全く同じ問題は一つもありません。
同じような問題でも文章などに変化が付けられています。
たぶん出題者側のこだわりなんだと思います。
しかし、出題される分野に関しては傾向があります。
病害虫について、樹木の種類や特徴、分布について、土壌関係、天気に関するもの、そして何らかの計算をさせるものなどですかね。

今回は昆虫に関するものが多いような気がします。
また、受験勉強では全く対策できない問題も、例年同様に含まれていますね。
例えば、ウソの特徴(ウソという野鳥についてです)
都道府県別街路樹数ランキングから4種類を当てるなども悩みそうな問題ですね。
北海道ならナナカマドとかですか?他の県ではイチョウ、ケヤキ、サクラとか、ハナミズキ、シマトネリコなども問題に出てきそうですね。興味深い、良い問題だと思います。
樹木医が街路樹にかかわることが多いので、街路樹に関する知識は勉強しておくと損がないです。わたしの時は論文で街路樹に関する質問がありました。今回の論文問題でも出題されていますね。

合否の基準は、選択式試験と論術式試験の合計点です。
選択式で基準点に達しなかった人は、たぶん論述式は採点してもらっていない可能性があります。
それで、選択式をクリアできる基準はそれほど高くないと予想しています。
たぶん50%ぐらいではないでしょうか。ただし最終的には合計点で判断されますので、選択式で得点がたくさんとれていれば、論述で多少ミスしてしまってもカバーできるのかもしれません。

あとは、やはり論述試験対策が必要です。
選択式は、答えを選んで回答できますが、論述式は知識や経験がなければ答えることが出来ません。
樹木医研修の中でよく言われたことは、一般の人に分かりやすく説明できないといけないという事です。
そんな点も見られているのかもしれません。
論述式は難しいですが、逆に自分の樹木に対する思いを表現できる場でもあります。
樹木に対する愛情や真摯に向き合おうとする姿勢が伝われば、文章は下手でも評価されるのではないでしょうか。
そうでなければ、本で勉強して上手に文章を書ける人だけが合格してしまうことになりますから。
実際には、様々な個性をもつ多様な人が選ばれていて樹木医研修はとても楽しいものとなっています。
そういった観点から考えると、論述式の配分点は大きいかもしれませんね。
より多様な人が選ばれやすいようになっていると思います。

今回、貴重な情報を提供してくださって本当にありがとうございました。

令和3年度樹木医研修受講者選抜試験に合格された皆さん、おめでとうございます。
樹木医研修を楽しまれてください。

また、残念ながら今回不合格となってしまった皆さん、あまりがっかりされないでください。
今回は過去に例のない狭き門でした。
あきらめずに来年も挑戦すれば、必ずや合格できると思います。
皆さんと一緒に樹木医として活動できることを心から楽しみにしています。



関連記事

この記事が少しでもお役に立ちましたら下のミツバチのバナーを押してください。皆様の応援が記事を書く励みになっています。ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ



カテゴリ内で記事を移動する時はこの下のリンクから
     
日付順で記事を移動する時はこの下のリンクから

Comments 2

There are no comments yet.
03不合格

街路樹の選択肢はケヤキ、クスノキ、ホルトノキともう1種だったと思います。
東京在住の自分にはホルトノキなんて聞いたこともなかったので…(^^;
選択式、論述式の比率などは分析されているとおりなのでしょうね。さすがです。
今後の記事も楽しみにしております!

  • 2021/08/30 (Mon) 19:53
  • REPLY
新人

樹木医研修について

一次試験に無事合格できました。
研修は1週目が講義16科目の動画配信で2週目の2日間がつくばでの実習(圃場、万博記念公園)、その後2次審査(樹種識別試験、科目試験、面接)となっています。
樹種識別試験は葉っぱテストで50種の識別ですが、科目試験の難易度はどういったものでしょうか?
1科目20題で記号式、まるばつ式の組み合わせとなっているようです。

  • 2021/09/02 (Thu) 06:14
  • REPLY